患者が少数の場合、または減少傾向になると医療収入が減少し、結果として経営困難になります。

その際に、整形及び外科の診療所でどのように対処するか経営指針が必要になります。

状況に応じて論理的に踏まえ具体的な方針を立案致します。

​方法及び対処

​​

1 従来の理学療法に特化せず、また新たな医療機器の導入も不要です。無駄な費用はかけずに必要最低限でおこない増収へ促します。

2 次に診療内容から現状分析をして外来数の増患をご提案致します。

3 開業の初期、中期の段階に応じた対処をして長期経営が図れるように行います。

4 更に分析に基づいて他の医院と明確な差別化を図ります。特色のある診療を行うことで安定した医療経営を目指して行きます。

5 外国人患者受け入れの導入も可能です。増加している就労外国人、留学生及び観光者の受診対応が可能になります。

患者編

Patients

Patients with orthopedic surgery will go to a place where they are

easy to visit. 

We will judge from various aspects such as convenience of traffic, 

reputation from friends, acquaintances, accessibility and advertisement. 

However, it is a reality that individual patients do not know

the difference in clinical details generally because of non-targeting

of information.

The unpaired target of information occurs because it cannot possess

medical knowledge, 

and cannot compare medical contents and the other medical contents

on the same basis.

Since it cannot be caught by conventional single needs in recent years,

it is necessary to deal with a wide range of age regardless of young

middle age girls and men and women.

For this reason, staff response is important, specifically to make communication with

patients through voice calls, correspondence, 

word use and so on.

患者減少例

Case

開業時に、診療所でリハビリの外来数が毎日、120名ほどありました。

年数を経て、近隣で整形外科の開業や整骨院、マッサージ店などの増加により、

リハビリ数が70名迄落ち込みした。リハビリ患者減少の理由で、医療収入で診療所経営をすることが困難になり相談を戴きました。

現状から、今後は更にリハビリが減少することが予想されました。これ以上、無意味にリハビリに拘る必要のないことを院長先生に話しました。理解を得るのに半年以上かかりました。またリハビリの疼痛治療の効果を伝えました。

新たな診療特化への指針を打ち出して、取り入れて戴き減少した医療収入を回復させました。長年、リハビリを前提で考えていて結果、必ずしもリハビリに拘る必要はないことを実感して戴きました。

環境や変化に対応して、早めにビジネスモデルを変えることで既存の概念から新しい収益を生み出すことが出来ました。

​具体例

開業時や事業中期に費用をかけ過ぎた場合は、医療と経営のバランスが必要になります。

下記のような事例があります。

​1設備等
 -1 建物の新築、増改築に費用をかけた場合。
 -2 医療機器やMRIなど画像診断機械導入にした場合。
 -3 理学療法のために、物療機械の購入した場合。

2 人材等

 理学療法を増員して理学療法士の費用が発生する場合。

3 宣伝費等

 広告、宣伝に支払いをしている場合。

4 相談先等

 セミナー、銀行等からアドバイスを受ける場合。

 医療品メーカー、製薬会社へ相談する場合等の理由によりコストが高くなるとリスクを招きます。

電話番号

03-6869-3995

アクセス

〒104-0061

東京都中央区銀座6−13−16

銀座ウォールビルUCF 5階

© 2018

整形&外科コンサル.com