top of page
  • 整形コンサルコム

MR さん (3)

更新日:2022年9月12日

医師との利益受託の問題から、製薬会社との癒着が

指摘されるようになりました。


2012年から、医薬品公正取引協議会から、

MR(医療情報担当者)から

医師へ華美な接待の規制が、強化されました。


医薬品の供給に伴い、公正と自由競争の原理を取り入れ、

禁止行為や飲食の上限額が提示されました。



医薬品を最終的に選択する医師でなく、患者さんへ供給であること。



MRさん(4)へ



@shirogane 28  (医薬品メーカー)

最新記事

すべて表示

ビタミンDは、カルシウムの吸収を良くする働きがあり 骨を作るうえで、同時に摂取をして骨を強くします 骨の密度を維持して、質を保つためには、ビタミンDが必要です。

さらに、整形外科で鎮痛剤を使用する際には 1日3回だと分かりやすく、 痛み止めと胃薬と同等の数量になります

クリニックで、パップ剤を使用する時は 各社の製品を集めて、体中に貼布して、 一度、体感をして見ると それぞれの製品の差異や特徴が、微妙に体感出来ます。 整形外科クリニックで、皆さんの合うタイプを 探して見てください。

bottom of page