top of page
  • 整形コンサルコム

MRさん (5)

更新日:2022年9月12日

MRさんとの面談で、口頭説明を全て、業務記録に記載すること。


日時、訪問先、医療機関名、医師名、使用した資材の記載をします。

資材の記載がない場合、やりとりを含めた具体的な内容の記録が必要です。


資材に記載されていない会話、医師からの問い合わせ、質問は、

特記事項に記載されるようです。


医師と製薬会社の担当者との間で、信頼関係の構築が重要になります。




@shirogane30  (医薬品メーカー)

最新記事

すべて表示

ビタミンDは、カルシウムの吸収を良くする働きがあり 骨を作るうえで、同時に摂取をして骨を強くします 骨の密度を維持して、質を保つためには、ビタミンDが必要です。

さらに、整形外科で鎮痛剤を使用する際には 1日3回だと分かりやすく、 痛み止めと胃薬と同等の数量になります

クリニックで、パップ剤を使用する時は 各社の製品を集めて、体中に貼布して、 一度、体感をして見ると それぞれの製品の差異や特徴が、微妙に体感出来ます。 整形外科クリニックで、皆さんの合うタイプを 探して見てください。

bottom of page