top of page
  • 整形コンサルコム

MRさん  (4)

更新日:2022年9月12日

現況をお伝えします。


2018年、厚労省のガイドラインで、

医薬品の品質、有効性、安全性の

確保の面から規制が強化され、

医薬品が、適正使用されているかという懸念事項があります。


ガイドラインでは、MR(情報提供者)の活動が、

口頭を含む資料等の資材、他

活動要件を全て満たすこと。(略します)

経営陣が、業務上の責務を負うこと。


更に、担当者に、業務記録の作成、資料の保管、

必要があれば、提出することになります。



MRさん5へ



@shirogane29  (医薬品メーカー)

最新記事

すべて表示

ビタミンDは、カルシウムの吸収を良くする働きがあり 骨を作るうえで、同時に摂取をして骨を強くします 骨の密度を維持して、質を保つためには、ビタミンDが必要です。

さらに、整形外科で鎮痛剤を使用する際には 1日3回だと分かりやすく、 痛み止めと胃薬と同等の数量になります

クリニックで、パップ剤を使用する時は 各社の製品を集めて、体中に貼布して、 一度、体感をして見ると それぞれの製品の差異や特徴が、微妙に体感出来ます。 整形外科クリニックで、皆さんの合うタイプを 探して見てください。

bottom of page