• Keiko Araki

MRさん (2)

2012年に、高血圧剤、ディオパンの研究データの捏造が発覚しました。

ノバルティスファーマの社員が、データ解析に関与し

利益相反や論文データで、薬剤の信頼性が低下しました。

これについて、企業側から説明責任の会見は、行われませんでした。


厚生労働省は、薬事法違反で告発をしました。

背景に、症例の水増しや信憑性、

また、研究者へ多額な寄付金の受益提供が背景にあります。


ひとの生命を守る、製薬会社で、企業の倫理感を問われる問題でした。



MRさん(3)へ



@shirogane25  (医薬品メーカー)

最新記事

すべて表示

MRさん (5)

MRさんとの面談で、口頭説明を全て、業務記録に記載すること。 日時、訪問先、医療機関名、医師名、使用した資材の記載をします。 資材の記載がない場合、やりとりを含めた具体的な内容の記録が必要です。 資材に記載されていない会話、医師からの問い合わせ、質問は、 特記事項に記載されるようです。 医師と製薬会社の担当者との間で、信頼関係の構築が重要になります。 @shirogane30  (医薬品メーカー)

電話番号

03-6869-3995

アクセス

〒104-0061

東京都中央区銀座6−13−16

銀座ウォールビルUCF 5階

© 2018

整形&外科コンサル.com