• Keiko Araki

MRさん (2)

2012年に、高血圧剤、ディオパンの研究データの捏造が発覚しました。

ノバルティスファーマの社員が、データ解析に関与し

利益相反や論文データで、薬剤の信頼性が低下しました。

これについて、企業側から説明責任の会見は、行われませんでした。


厚生労働省は、薬事法違反で告発をしました。

背景に、症例の水増しや信憑性、

また、研究者へ多額な寄付金の受益提供が背景にあります。


ひとの生命を守る、製薬会社で、企業の倫理感を問われる問題でした。



MRさん(3)へ



@shirogane25  (医薬品メーカー)

最新記事

すべて表示

エクエル イソフラボン効果

今回は、亜鉛についてお伝えします 自立神経は、ストレスが原因で、交感神経と副交換神経のバランスが 崩れてしまい起こる症状です 自律神経の症状と、コロナ後遺症が同じです 亜鉛を自律神経に治療 急性咽頭炎は、風邪の病名のことです 上咽頭(のど)は、免疫システムを介入して