• 整形コンサルコム

MRさん (1)

更新日:9月12日

少し前までは、プロパー(propagandist)宣伝者と言われてました。


1993年から、医療業界全体でMR(medical representative)

医薬情報担当者と変更なりました。

薬について、知識や情報を提供する製薬メーカーの営業のことです。


診療を行う際、治療を前提で薬剤の情報提供は不可欠です。

特に、新製品や、使い慣れない薬剤の効能等に関して、

対処する見地や効能、有効性の根拠を提示してくれます。


現場では、必要とする患者さんが待っていますので、

的確な処方が出来て安心です。


MRさん(2)へ続きます。



@shirogan24 (医薬品メーカー)

最新記事

すべて表示

ビタミンDは、カルシウムの吸収を良くする働きがあり 骨を作るうえで、同時に摂取をして骨を強くします 骨の密度を維持して、質を保つためには、ビタミンDが必要です。

さらに、整形外科で鎮痛剤を使用する際には 1日3回だと分かりやすく、 痛み止めと胃薬と同等の数量になります

クリニックで、パップ剤を使用する時は 各社の製品を集めて、体中に貼布して、 一度、体感をして見ると それぞれの製品の差異や特徴が、微妙に体感出来ます。 整形外科クリニックで、皆さんの合うタイプを 探して見てください。