top of page
  • 整形コンサルコム

MRさん (1)

更新日:2022年9月12日

少し前までは、プロパー(propagandist)宣伝者と言われてました。


1993年から、医療業界全体でMR(medical representative)

医薬情報担当者と変更なりました。

薬について、知識や情報を提供する製薬メーカーの営業のことです。


診療を行う際、治療を前提で薬剤の情報提供は不可欠です。

特に、新製品や、使い慣れない薬剤の効能等に関して、

対処する見地や効能、有効性の根拠を提示してくれます。


現場では、必要とする患者さんが待っていますので、

的確な処方が出来て安心です。


MRさん(2)へ続きます。



@shirogan24 (医薬品メーカー)

最新記事

すべて表示

薬価の見直し

クリニックの薬剤、医療材料の年間使用は多く、知らない間に仕入れのコストが増えます。 薬剤は、主に2年に1度は、改訂され薬価の引き下げがあります。 1 薬価改正後、差額を返金されていない 2 高い値段のまま、納入をしている  3 中小のクリニックで見直しをしていない

医薬分業

医薬品市場は、10兆円規模になります。参考までに、クリニックが使用する薬剤費は、2兆円規模です。 この点から、クリニックが、如何に薬剤が必要とする産業なのか分かります。しかしながら薬剤を病院の経営原資とするのではなく、医師の診療主体の方向性へ導き、老人の方へ過剰な投与を

時間の共有

院外処方薬局の場合、実際に自院の処方薬で、どの程度市場に流通をしているか処方が分散するために、把握が出来にくくなります。製薬会社の新製品の紹介や、季節性製品の紹介やプロモーションなどは、クリニックにとり有益な情報になります。院外処方でも、労を惜しまずに面談を行ってください

bottom of page