top of page
  • 整形コンサルコム

M & A 売却の方法


こんにちは。

今後の事業の経営をどうして維持すればよいのか。

その様な時にM & Aは、選択肢の1つになります。

クリニックの経営を行う場合に、この様な方法があります。



 ―M & Aとは

Mergers and Acquisitionsの意味で、企業の合併と買収をすることです。



―歴史 

1890年代、財閥解体時に、政府が官業を財閥に払い下げをして

これらを事業譲渡して、事業拡大が行われました。

1900年代、燃料費、人件費のコストの増加ために業績の悪化から

買収が多く行われました。


1920年、金融恐慌時代や、1960年以降、特に1990年から

急速に行われています。


背景は、過渡期の時代に、設備、雇用や負債などの影響や、事業再編のため

企業買収の方法が行われました。

従って、珍しいことでなく医療のクリニックも行えます。



クリニック側の

―メリット  経営譲渡して、事業継続を行うことが可能になります。

       スタッフの雇用、地域の人へ、かかりつけ医として

影響を最小にして存続します。

       のれん代を算入出来ます。


―デメリット 経営権が消失します。

希望の相手の買収先が見つかるかどうか。

       買収までの期間、相手方との期間を要します。



―方法 

クリニックの設備、規模、スタッフ数、営業年数、診療科目など詳細を伝えます。


過去3年間の資産表と資料を買収先に提出します。

クリニックの売上実績と、資産状況から評価額を算出して

売却の希望金額を決めます。




―買収先

病院系、調剤系、介護系、銀行系など主要な専門分野の特徴があります。



クリニックの長所を活かせるかどうか、好みに合う形でマッチング行います。

例えば、整形外科から、他科の小児科、産婦人科などの場合は

異なる業種の形態になってしまいます。



―のれん代とは

法律用語は、Goodwillで会計は、営業権のことです。

長年の営業による目にみえない、無形の経済的利益です。

具体的には、営業上の名声、社会的信用、立地条件、得意先や仕入先との関係

技術など、他者を上回る収益の実現が入ります。



―留意点

スタッフを引き続き継続雇用を行えるかどうか。

買収先が決まり、契約をするまでは、時間を要すために

どの位の先の期間までなら売却が可能なのか、早期に判断します。

情報漏えいを防ぐために、機密保持をします。



最終的に折り合いは、価格面で合意をします。

M &A専門の業者、また、M &Aの専門の士業方に相談をします。




―クリニックのメリット

事業の継続を行うことで、社会的インフラを引き続き提供します。

既存の患者さんは、安心します。

更に評価額に、のれん代を上乗せします。

法人の場合に債務は、買収先の引き受けになるため説明をしっかり行います。



また、閉院と比較すると、撤収に伴う解体、引き取り費用が発生しないです。

従って、紙面上で集結をするため浪費や、労力を要しないです。




買収先が、新たな雇用主になるため、スタッフの不満にならないよう説明をします。

そして、互いの信頼関係の取引により、虚偽申告や、過小評価をしないよう留意します。



クリニックの経営体力がある時に、面倒でも早めに相談すると、最終的に経営者を

保護します。





参照引用

中小企業庁

https://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/shoukei/download/m_and_a_guideline.pdf

公正取引委員会

https://www.jftc.go.jp/cprc/katsudo/bbl_files/148th-bbl.pdf

ストライク

翻訳のジェックス




Ginza@141(経営) M & A 売却の方法

最新記事

すべて表示

 医師偏在 地域格差

タイトルをクリック戴くと表題に入ります。医師数の地域格差が、無床の診療所数が対象で、且つ、クリニックが集中する場所に審議会で、定義をされたことについてです。

Case 11 シンプルな開業

表題のタイトルをクリニック戴くと内容に入ります。 規模を小さくすることは、当然、収益性が高くなります。 テナント料、人件費、維持費のコストはかなり抑えられます。 また、小規模で維持、管理の負担は少なく 初診料がそのまま収益に反映して面積が狭いほど、高収益になります。

小さな政府 診療報酬改正

この過去2年間の診療所の収益性の高さと、剰余金を持ち積み重ねのために 診療所の単価の引き下げが必要になること。コロナ関連の収益は、個人に帰属しない非営利でなければならないとのことです。借入額が多くても単年で黒字になり、医師は、返済義務もあります。

Коментарі


bottom of page