• 整形コンサルコム

Case 2 閉院の理由

最終更新: 9月17日

20年近く開業をされて、閉院された先生と

面談をさせて戴きました。



理由にスタッフの雇用や、財務面の問題は

ありませんでした。


初代の開業で、山あり谷ありで

細かな事象は、あったようです。


エリア地区で、名声も高く、評判の良い

先生です。

誉も高く、患者さんからの信頼もあり

昼夜問わず診療をされてました。


ある時、契約の更新時期に

”閉院してみよう” という考えに至ったそうです。



所感ですが、継続するには当時、適切な

ナビゲーターがいて

”やる気”の意思が低下したように

拝聴しました。



先生は、この段で気がついたことは、

”開業をしている方が、何かと良い” と

話されてました。




@shirogane41 (経営)


最新記事

すべて表示

3つのR

クリニックの先生方へ、秋口までに3つのリスクを参考にご覧ください。 1 外来患者の減少 2 感染のリスク 3 風評被害 1 外来患者の減少 風邪や軽い痛みの症状で、患者さんが感染をするのを恐れて、 病院やクリニックへ行く機会が減りました。

考えること

開業すると、先生は、診療以外に多くのことの労が伴います。 先生は、どのような方に尋ねられていますか。 多くは、製薬会社の担当者からの情報が多いと思います。 しかし、コロナの事象から、アポイントや面談も減り 良質な情報を得る機会も減少しました。 今後もこの様な状況が続くでしょう

預金把握の仕方

先生のクリニックでは、どのように預金を把握されていますか。 資産表は、月遅れで報告されます。 このため、現状、自医院がどのような状態なのか なかなか掴みにくい現実があります。 簡単で分かりやすい方法をお伝えします。

電話番号

03-6869-3995

アクセス

〒104-0061

東京都中央区銀座6−13−16

銀座ウォールビルUCF 5階

© 2018

整形&外科コンサル.com