• 整形コンサルコム

Case 2 閉院の理由

最終更新: 2020年9月17日

20年近く開業をされて、閉院された先生と

面談をさせて戴きました。



理由にスタッフの雇用や、財務面の問題は

ありませんでした。


初代の開業で、山あり谷ありで

細かな事象は、あったようです。


エリア地区で、名声も高く、評判の良い

先生です。

誉も高く、患者さんからの信頼もあり

昼夜問わず診療をされてました。


ある時、契約の更新時期に

”閉院してみよう” という考えに至ったそうです。



所感ですが、継続するには当時、適切な

ナビゲーターがいて

”やる気”の意思が低下したように

拝聴しました。



先生は、この段で気がついたことは、

”開業をしている方が、何かと良い” と

話されてました。




@shirogane41 (経営)


最新記事

すべて表示

Case 3  情報開示 

クリニックの未来について如何、お考えでしょうか。 C先生から、開業した病院を売却したいとご相談を受けていました。 医院の買収案件に、整形外科クリニックC先生と供に同行を致しました。 買収先は、心療内科の開業の先生です。 今回、整形外科クリニックで閉院を決めた理由は、 コロナ

クリニックの明日

こんにちは。 クリニックの今後の展望について、如何な思慮をお持ちでしょうか。 結論、経営の切り替えが早く、早めに方向転換した方が リスクを軽減しています。 外来で 感染予防の徹底で、インフルエンザ患者の減少 コロナ感染懸念のため、来院患者の減少 主に2つの起因により、病院全体

ビル・ゲイツの名言

私は5年間急成長する企業には驚かないが、20年、30年にわたって継続的に優れた成果を出している企業には非常に興味がある。要は、永続性のメカニズムが埋め込まれているかどうかなのだ。コロナ感染症のリスク、社会的ボタティリティの高い中、先の見えない佳境です。 経営の励みに、ご参考に