• 整形コンサルコム

Case 2 閉院の理由

更新日:2020年9月17日

20年近く開業をされて、閉院された先生と

面談をさせて戴きました。



理由にスタッフの雇用や、財務面の問題は

ありませんでした。


初代の開業で、山あり谷ありで

細かな事象は、あったようです。


エリア地区で、名声も高く、評判の良い

先生です。

誉も高く、患者さんからの信頼もあり

昼夜問わず診療をされてました。


ある時、契約の更新時期に

”閉院してみよう” という考えに至ったそうです。



所感ですが、継続するには当時、適切な

ナビゲーターがいて

”やる気”の意思が低下したように

拝聴しました。



先生は、この段で気がついたことは、

”開業をしている方が、何かと良い” と

話されてました。




@shirogane41 (経営)


最新記事

すべて表示

これからの経営

皆さまの医療機関では、コロナ感染症による 制度融資を受けていますか。 主に、政府系融資と、民間の信用保証付き融資制度があります 例えば、銀行から融資を受ける際に 銀行が、単体で引き受けるのではなく 保証協会や、金融公庫などでリスクカバーをします これを制度融資と言います。

この先10年の医療

クリニックの外来は、コロナの感染を恐れて 患者さんは、かなり受診を控えました。 減少した患者さんの来院の回復を待つより、 新たな取り組みを行い この先、コロナと共に10年に立ち向かってください。 理由は、国内でコロナ感染症ワクチンの開発を 大学で行うことになりました。

Case 4 資金繰り (2)

こんにちは。コンサルコムです。 Case 4 資金繰りの続きです。 クリニックで、資金繰りが上手くいかなかった場合に 銀行との間で、いくつかの方法があります。早めにコンサルタントにご相談ください。 理由は、クリニックの中で悩まずに済みます。