top of page
  • 整形コンサルコム

Case 2 閉院の理由

更新日:2020年9月18日

20年近く開業をされて、閉院された先生と

面談をさせて戴きました。



理由にスタッフの雇用や、財務面の問題は

ありませんでした。


初代の開業で、山あり谷ありで

細かな事象は、あったようです。


エリア地区で、名声も高く、評判の良い

先生です。

誉も高く、患者さんからの信頼もあり

昼夜問わず診療をされてました。


ある時、契約の更新時期に

”閉院してみよう” という考えに至ったそうです。



所感ですが、継続するには当時、適切な

ナビゲーターがいて

”やる気”の意思が低下したように

拝聴しました。



先生は、この段で気がついたことは、

”開業をしている方が、何かと良い” と

話されてました。




@shirogane41 (経営)


最新記事

すべて表示

60歳を過ぎれば健康の不安が増加する年齢です。 就労の延長と自己負担の増加なら、どうしても通院の機会は 減少してしまいます。現状の維持に何がしらか、懸念をしている場合は 何かを見つけて、新たに導入をしてみてください。

コロナ感染症は、天災地変の要因の一つです 地代や家賃の減額交渉を、お願いをして見てください。支払いに充当する、家賃を見直すことで 月々の負担は軽減します。

徳とは 医療は、人を通じて行なう行為の一つです。徳を極めた人は、幸福になります 善の行いの中で、これを最高の幸福と言います。 困っている人を助けることを、徳と言います

bottom of page