top of page
  • 整形コンサルコム

Case 1  業務提携

更新日:2020年9月18日

昨日の事例紹介です。


整形外科のお医者さまより、『何かしたい』と

ご要望を受けていました。


継承や、無駄な投資を除いて、可能な提案を致しました。


勤務医の先生に、外来だけの整形外科クリニックで

勤務を願い、実力を発揮して戴くよう

懇願致しました。(代診ではなく、常勤です)


偶然、同じ大学出身の先生で、認知があり

今回、声がけが可能でした。



一人体制ですと、診療の限界があります。

他科の領域も可能になると、診療域が広がり

シナジー効果が生まれます。


更に、お互いの力量、技術を十分に発揮出来ます。

この形を業務提携(アライアンス)と言います。


業務拡張の方法の1つです。



外科系の先生とコラボすることで、

面白い展開が可能になります。



@shirogane(35) 経営 戦略


最新記事

すべて表示

60歳を過ぎれば健康の不安が増加する年齢です。 就労の延長と自己負担の増加なら、どうしても通院の機会は 減少してしまいます。現状の維持に何がしらか、懸念をしている場合は 何かを見つけて、新たに導入をしてみてください。

コロナ感染症は、天災地変の要因の一つです 地代や家賃の減額交渉を、お願いをして見てください。支払いに充当する、家賃を見直すことで 月々の負担は軽減します。

徳とは 医療は、人を通じて行なう行為の一つです。徳を極めた人は、幸福になります 善の行いの中で、これを最高の幸福と言います。 困っている人を助けることを、徳と言います

bottom of page