• 整形コンサルコム

Case 1  業務提携

最終更新: 2020年9月17日

昨日の事例紹介です。


整形外科のお医者さまより、『何かしたい』と

ご要望を受けていました。


継承や、無駄な投資を除いて、可能な提案を致しました。


勤務医の先生に、外来だけの整形外科クリニックで

勤務を願い、実力を発揮して戴くよう

懇願致しました。(代診ではなく、常勤です)


偶然、同じ大学出身の先生で、認知があり

今回、声がけが可能でした。



一人体制ですと、診療の限界があります。

他科の領域も可能になると、診療域が広がり

シナジー効果が生まれます。


更に、お互いの力量、技術を十分に発揮出来ます。

この形を業務提携(アライアンス)と言います。


業務拡張の方法の1つです。



外科系の先生とコラボすることで、

面白い展開が可能になります。



@shirogane(35) 経営 戦略


最新記事

すべて表示

Case 3  情報開示 

クリニックの未来について如何、お考えでしょうか。 C先生から、開業した病院を売却したいとご相談を受けていました。 医院の買収案件に、整形外科クリニックC先生と供に同行を致しました。 買収先は、心療内科の開業の先生です。 今回、整形外科クリニックで閉院を決めた理由は、 コロナ

クリニックの明日

こんにちは。 クリニックの今後の展望について、如何な思慮をお持ちでしょうか。 結論、経営の切り替えが早く、早めに方向転換した方が リスクを軽減しています。 外来で 感染予防の徹底で、インフルエンザ患者の減少 コロナ感染懸念のため、来院患者の減少 主に2つの起因により、病院全体

ビル・ゲイツの名言

私は5年間急成長する企業には驚かないが、20年、30年にわたって継続的に優れた成果を出している企業には非常に興味がある。要は、永続性のメカニズムが埋め込まれているかどうかなのだ。コロナ感染症のリスク、社会的ボタティリティの高い中、先の見えない佳境です。 経営の励みに、ご参考に