top of page
  • 整形コンサルコム

Case 8 コンパクトな経営


こんにちは、コンサルコムです

地代についてお伝えします



コロナ感染症の長期化で、患者さんの減少から

医療収入が減少をして、クリニックに影響を及ぼしています。




医療収入が減少した場合に、賃料の見直しを図ります



―賃料減額の定義


コロナ感染症の影響で、賃料の支払いが

困難になった場合は、賃料の減額をお願い出来ます。



医療収入の減少により、クリニックの継続が

困難になるおそれ、困難になる場合は

減収が、書面で確認が出来きた場合に

通常に戻るまでの期間は、減額のお願いをします。




地代の事象を、2つ紹介します



―1 コロナ感染症の影響で減額


コロナの影響を受けたクリニックで、現状維持が困難になり

地代の減額交渉を、オーナーさんにお願いをしました


この先、見込まれる期間の地代の減額をお願いしました。

この際は、口頭で伝えるのではなく、書面に記します。




今回のような事象の際は

支払いに充当する、家賃を見直すことで

月々の負担は軽減します。


従って、維持費が縮小します。




―2 地代の更新料がアップの場合


クリニックの建物を、借用をしている場合に

年度が経つと、事業契約の更新が必要になります。



オーナーさんから、更新時から更に、今後の賃料について

価格のアップ要望が、有りました。


当然のことながら、この先10年〜15年の期間

クリニックの維持を、するかどうか議論が生じてしまいした。




診療以外のことで、先生は、精神的な負担が

生じてしまいました。



オーナーさんの意向により、賃料はケースバイケースです

良いオーナーさんで、現状の状況に理解のあれば

医療開業は、順調に行いやすいです。




クリニックの開業は、長期スパンです

将来の支払い額の上昇の要望や、不変の予測事態に対しては

この様に状況に応じた対応が、難しい側面もあります。



医療の経営は、現状だけでなく、長期的な観点を見据えて

行ないます。




コロナ感染症は、天災地変の要因の一つです

地代や家賃の減額交渉を、お願いをして見てください。


幾分でも、支払いの負担は軽減します。





参照引用

国土交通省





Ginza@111(経営)

最新記事

すべて表示

Case 11 シンプルな開業

表題のタイトルをクリニック戴くと内容に入ります。 規模を小さくすることは、当然、収益性が高くなります。 テナント料、人件費、維持費のコストはかなり抑えられます。 また、小規模で維持、管理の負担は少なく 初診料がそのまま収益に反映して面積が狭いほど、高収益になります。

M & A 売却の方法

事業の継続を行うことで、社会的インフラを引き続き提供します。既存の患者さんは、安心します。更に評価額に、のれん代を上乗せします。法人の場合に債務は、買収先の引き受けになるため説明をしっかり行います。クリニックの経営体力がある時に、早めに相談すると、最終的に経営者保護をします。

小さな政府 診療報酬改正

この過去2年間の診療所の収益性の高さと、剰余金を持ち積み重ねのために 診療所の単価の引き下げが必要になること。コロナ関連の収益は、個人に帰属しない非営利でなければならないとのことです。借入額が多くても単年で黒字になり、医師は、返済義務もあります。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page