top of page
  • 整形コンサルコム

Case 8 コンパクトな経営


こんにちは、コンサルコムです

地代についてお伝えします



コロナ感染症の長期化で、患者さんの減少から

医療収入が減少をして、クリニックに影響を及ぼしています。




医療収入が減少した場合に、賃料の見直しを図ります



―賃料減額の定義


コロナ感染症の影響で、賃料の支払いが

困難になった場合は、賃料の減額をお願い出来ます。



医療収入の減少により、クリニックの継続が

困難になるおそれ、困難になる場合は

減収が、書面で確認が出来きた場合に

通常に戻るまでの期間は、減額のお願いをします。




地代の事象を、2つ紹介します



―1 コロナ感染症の影響で減額


コロナの影響を受けたクリニックで、現状維持が困難になり

地代の減額交渉を、オーナーさんにお願いをしました


この先、見込まれる期間の地代の減額をお願いしました。

この際は、口頭で伝えるのではなく、書面に記します。




今回のような事象の際は

支払いに充当する、家賃を見直すことで

月々の負担は軽減します。


従って、維持費が縮小します。




―2 地代の更新料がアップの場合


クリニックの建物を、借用をしている場合に

年度が経つと、事業契約の更新が必要になります。



オーナーさんから、更新時から更に、今後の賃料について

価格のアップ要望が、有りました。


当然のことながら、この先10年〜15年の期間

クリニックの維持を、するかどうか議論が生じてしまいした。




診療以外のことで、先生は、精神的な負担が

生じてしまいました。



オーナーさんの意向により、賃料はケースバイケースです

良いオーナーさんで、現状の状況に理解のあれば

医療開業は、順調に行いやすいです。




クリニックの開業は、長期スパンです

将来の支払い額の上昇の要望や、不変の予測事態に対しては

この様に状況に応じた対応が、難しい側面もあります。



医療の経営は、現状だけでなく、長期的な観点を見据えて

行ないます。




コロナ感染症は、天災地変の要因の一つです

地代や家賃の減額交渉を、お願いをして見てください。


幾分でも、支払いの負担は軽減します。





参照引用

国土交通省

https://www.mlit.go.jp/common/001342992.pdf





Ginza@111(経営)

最新記事

すべて表示

60歳を過ぎれば健康の不安が増加する年齢です。 就労の延長と自己負担の増加なら、どうしても通院の機会は 減少してしまいます。現状の維持に何がしらか、懸念をしている場合は 何かを見つけて、新たに導入をしてみてください。

徳とは 医療は、人を通じて行なう行為の一つです。徳を極めた人は、幸福になります 善の行いの中で、これを最高の幸福と言います。 困っている人を助けることを、徳と言います

開業している先生の全体の年齢層が、50歳以上が 約8割を占めていて、比較的に年齢が高いです。 もし、事業を存続しない場合も考慮に入れて 早めに事業継承先を探しておくと、こころに余裕ができます。

bottom of page