top of page
  • 整形コンサルコム

アルメタ軟膏

更新日:2022年9月12日

患者さまへ、処方してリスクが少ない製品を

ご紹介します。



外用薬です

緑色の小さなチューブを見たことがありますか。



皮膚がかぶれて赤くなり、腫れがあってかゆみが強い時に使います。


例えば、虫刺されで、ブヨ(black fly)など刺された後に

皮膚が炎症を起こして、熱を持って、かゆみがしばらく続きます。




虫刺されなどの多い時期に、お勧めです。

患者さんが、外傷で来院される時に

赤く炎症が続く時や、かゆみが強い時に、

患者さんへ効能があるチューブです。



形状

弱めのステロイドが入っています。

色は透明で、柔らかいゼリー状で

刺激がなくて、塗りやすいです。



院で、用意をしておくと便利なアイテムです。




メーカー

シオノギ製薬株式会社



A103

Ginza@103 (医薬品)


最新記事

すべて表示

薬価の見直し

クリニックの薬剤、医療材料の年間使用は多く、知らない間に仕入れのコストが増えます。 薬剤は、主に2年に1度は、改訂され薬価の引き下げがあります。 1 薬価改正後、差額を返金されていない 2 高い値段のまま、納入をしている  3 中小のクリニックで見直しをしていない

医薬分業

医薬品市場は、10兆円規模になります。参考までに、クリニックが使用する薬剤費は、2兆円規模です。 この点から、クリニックが、如何に薬剤が必要とする産業なのか分かります。しかしながら薬剤を病院の経営原資とするのではなく、医師の診療主体の方向性へ導き、老人の方へ過剰な投与を

時間の共有

院外処方薬局の場合、実際に自院の処方薬で、どの程度市場に流通をしているか処方が分散するために、把握が出来にくくなります。製薬会社の新製品の紹介や、季節性製品の紹介やプロモーションなどは、クリニックにとり有益な情報になります。院外処方でも、労を惜しまずに面談を行ってください

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page