top of page
  • 整形コンサルコム

棚卸

更新日:2020年9月18日

診療所で、仕入をしている製品について、

年度末に、棚卸しをする機会があります。


今期、利益を減少したい場合、

仕入れを最小にして、

在庫を少なくし調整をします。


在庫が少ないと、

売上原価が、大きくなります。

そのため、支払い経費の、

増加になります。


利益が出ている場合、経費を増やします。


課税対象を、少なくすることで、

利益金額を、過小にすることが出来ます。

棚卸しは、少ない方が

節税の効果になります。



今期の事業所の経営状況をみて、

ご判断願います。


スタッフに、余分に発注をしないよう

伝えると、分かり易いです。



@shirogane 53 (財務)

最新記事

すべて表示

M & A 売却の方法

事業の継続を行うことで、社会的インフラを引き続き提供します。既存の患者さんは、安心します。更に評価額に、のれん代を上乗せします。法人の場合に債務は、買収先の引き受けになるため説明をしっかり行います。クリニックの経営体力がある時に、早めに相談すると、最終的に経営者保護をします。

リースの考え方

リースは、医療機器は、資産として扱い、月々の支払い分は、費用になります。医療機器は、リース、経理上と関連をします。リース契約にすることで、手元キャッシュを減少せずに負担を軽減します。

ファイナンスの心理

クリニックの経営として必要なことは、頭脳が明晰で、洞察力が優れていることより、 維持するために緊張感を持ち続けて、諦めずに頑張れるかどうかです。 自身を見失わない行動を取り、事業に対して賢明に対処します。

Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page