top of page
  • 整形コンサルコム

棚卸

更新日:2020年9月18日

診療所で、仕入をしている製品について、

年度末に、棚卸しをする機会があります。


今期、利益を減少したい場合、

仕入れを最小にして、

在庫を少なくし調整をします。


在庫が少ないと、

売上原価が、大きくなります。

そのため、支払い経費の、

増加になります。


利益が出ている場合、経費を増やします。


課税対象を、少なくすることで、

利益金額を、過小にすることが出来ます。

棚卸しは、少ない方が

節税の効果になります。



今期の事業所の経営状況をみて、

ご判断願います。


スタッフに、余分に発注をしないよう

伝えると、分かり易いです。



@shirogane 53 (財務)

最新記事

すべて表示

元利均等、元金均等の違いを、支払い総額で見る場合が多いです。 借入れの方法の違いから、キャッシュに差異が生じます。 また、当初の返済額の負担は少ないため、キャッシュに余裕がない時 更に手元の資金を厚くしたい時に 取り入れます。

社会の普遍性が多いと、ボラティリティは高くなります、 従って、リスク要因が高く、既存で構築や計画をしていた イメージと違い、展開が描きにくいです。 リスクに供える時代です。 今後を見据えて、変革を取り入れて クリニック独自の分野を広げます。 価値ある源泉を、作り出して行く時

bottom of page