• 整形外科コンサル.com

棚卸

最終更新: 2019年12月14日

診療所で、仕入をしている製品について、

年度末に、棚卸しをする機会があります。


今期、利益を減少したい場合、

仕入れを最小にして、

在庫を少なくし調整をします。


在庫が少ないと、

売上原価が、大きくなります。

そのため、支払い経費の、

増加になります。


利益が出ている場合、経費を増やします。


課税対象を、少なくすることで、

利益金額を、過小にすることが出来ます。

棚卸しは、少ない方が

節税の効果になります。



今期の事業所の経営状況をみて、

ご判断願います。


スタッフに、余分に発注をしないよう

伝えると、分かり易いです。



@shirogane 53 (財務)

電話番号

03-6869-3995

アクセス

〒104-0061

東京都中央区銀座6−13−16

銀座ウォールビルUCF 5階

© 2018

整形外科コンサル.com