top of page
  • 整形コンサルコム

一考

更新日:2020年9月19日

10月22日は、即位の日で祝日になります。

皆様のご予定は如何でしょう。


今回、祝日ですが、診療日にして構わないです。

届け出は不要です。(各医師会にご確認を)

サラリーマンは、平日に通院しにくいため、近隣へ週末に出かけるようなります。

対応可能な選択肢があれば、来院の機会に恵まれます。

この日の診療時間は、早朝加算、夜間加算の対応が可能です。

スタッフの方は、休日出勤になります。

労務の観点は、別にとして自由度の高い日です。


自己責任で、ご判断をお願いします。

@ginnza8 (その他)

最新記事

すべて表示

春に行う

整形外科は、保険請求をしない医療費の一部が、発生します。 従って、その分は、患者さんに請求をします。医療保険の以外の費用分の見直しを図ることで、収益になります。 先生が、患者さんへ治療をするために生じた費用です。

マイナンバーの逸失利益

整形外科は、痛みの軽減のために、どうしても通院回数が増えます。 一方で、このマイナンバーの加算により、さらに患者負担が生じるために 患者さんは減少します。 患者さんに負担を強いることは、20円の収益よりリハビリ通院など 1人の患者さんの来院の機会を失うことの方が、大きいです。

Myナンバーの不思議

マイナンバー導入の主な目的 2022年9月の時点、49%と普及していない状況です このために、マイナンバーカードの普及をすことが目的です。 社会保障費で、医療費が上昇しています マイナンバーカードの施行で 医療費の抑制をして 医療費を削減する為に導入し ます。

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page