• 整形コンサルコム

消費税

更新日:2020年9月19日

10月より消費税率が上がりました。

社会保険診療は、非課税です。

しかし自由診療及び、健診や文書代などに関しては、消費税を導入します。


診療を行う際に、医薬品や設備投資の購入する場合は、消費税がかかっています。

原則、その分を患者さまに転換することは、できなくなっています。

医療を行う側が、増税分の負担をすることになります。

高額な医療設備の購入や医院建築をする場合は、ご検討ください。

また、医薬品の購入等に於いても、増税分の費用が嵩みます。


社会保障制度と医療制度で、現実で乖離が生じています。

@shirogane13(経営)

最新記事

すべて表示

これからの経営

皆さまの医療機関では、コロナ感染症による 制度融資を受けていますか。 主に、政府系融資と、民間の信用保証付き融資制度があります 例えば、銀行から融資を受ける際に 銀行が、単体で引き受けるのではなく 保証協会や、金融公庫などでリスクカバーをします これを制度融資と言います。

この先10年の医療

クリニックの外来は、コロナの感染を恐れて 患者さんは、かなり受診を控えました。 減少した患者さんの来院の回復を待つより、 新たな取り組みを行い この先、コロナと共に10年に立ち向かってください。 理由は、国内でコロナ感染症ワクチンの開発を 大学で行うことになりました。

Case 4 資金繰り (2)

こんにちは。コンサルコムです。 Case 4 資金繰りの続きです。 クリニックで、資金繰りが上手くいかなかった場合に 銀行との間で、いくつかの方法があります。早めにコンサルタントにご相談ください。 理由は、クリニックの中で悩まずに済みます。