top of page
  • 整形コンサルコム

天気痛

更新日:2020年9月19日

前線通過や、台風に伴い、急激な気圧の低下をもたらします。


気温の低下と共に、数時間前から慢性痛や、心身の不調を感じます。

時として、多くの患者様が同時に来院されます。

このような場合、医師は経験則から院内で、先に前線通過を感じ取ります。

多くの患者様に共通するのは、痛みが今日ではなく、1週間〜10日位以上

前からの症状です。


参照までに、気圧は27hps減圧、気温は22℃以下、あるいわ、

前日のマイナス7℃で体感をします。

気圧低下で、交換神経の働きにより疼痛作用が現れます。

気温の低下は、皮膚が冷感にも反応しています。

気象病とも言います。


早めに来院すれば、待つ時間が少なくベストです。


@mita18 (医療)







最新記事

すべて表示

救命とファーストエイド

バイスタンダードとは居合わせた人が、119番通報とAEDの確保を依頼する指示を行います。救急の現場に居合わせた時は、ためらわず、勇気を持って実施します。バイスタンダーの行動は善意で対処をした行為に対しては、責任は問われないと考えられ、傷病者の生命が善意に託されています。

インシデントの予防

インシデントの発生は、勤務年数が、1年未満が3割を占めます。インシデントが起こる時間は、午前は、10時〜11時頃か、夕方4時頃です。ミスを防ぐには、ダブルチェックを行います。名前と顔を連動させます。困った時に、誰に指示を仰げば良いかを決めておきます。院内のレベルを上げます。

患者さん対応

人は、誰も他者に認められたいです。患者さんと接する際、相手の状況を話題にして、聞く側に立ち 思いやりのある言葉をかけます。 これは、相手の尊厳を大事にして、患者さんから好印象を与えます。 患者さんとの向き合い方を工夫してみます。

bottom of page