• 整形コンサルコム

天気痛

更新日:2020年9月19日

前線通過や、台風に伴い、急激な気圧の低下をもたらします。


気温の低下と共に、数時間前から慢性痛や、心身の不調を感じます。

時として、多くの患者様が同時に来院されます。

このような場合、医師は経験則から院内で、先に前線通過を感じ取ります。

多くの患者様に共通するのは、痛みが今日ではなく、1週間〜10日位以上

前からの症状です。


参照までに、気圧は27hps減圧、気温は22℃以下、あるいわ、

前日のマイナス7℃で体感をします。

気圧低下で、交換神経の働きにより疼痛作用が現れます。

気温の低下は、皮膚が冷感にも反応しています。

気象病とも言います。


早めに来院すれば、待つ時間が少なくベストです。


@mita18 (医療)







最新記事

すべて表示

これからの経営

皆さまの医療機関では、コロナ感染症による 制度融資を受けていますか。 主に、政府系融資と、民間の信用保証付き融資制度があります 例えば、銀行から融資を受ける際に 銀行が、単体で引き受けるのではなく 保証協会や、金融公庫などでリスクカバーをします これを制度融資と言います。

ナースに拍手

急速にワクチン接種が進められています。 ワクチンのオペレーションタイムについてお伝えします。 時間の目安として、ご参照ください。 ―実技の看護師 彼、彼女らは、毎日、注射の手技をしているため戦力になります。 ワクチン液の準備は、慣れているため手順を理解すれば 非常に手早く、

ピンチはチャンス

コロナワクチンの供給により接種が始まりました。 需要のある所に、必要とされるニーズがあります。 接種対応について、ご参考ください。 概略 新型コロナウイルスに『mRNAワクチン』を投与して 抗原タンパク質を取り入れ、体内に抗体が作られます。 ワクチンは  生食で4倍に希