• 整形コンサルコム

天気痛

最終更新: 6日前

前線通過や、台風に伴い、急激な気圧の低下をもたらします。


気温の低下と共に、数時間前から慢性痛や、心身の不調を感じます。

時として、多くの患者様が同時に来院されます。

このような場合、医師は経験則から院内で、先に前線通過を感じ取ります。

多くの患者様に共通するのは、痛みが今日ではなく、1週間〜10日位以上

前からの症状です。


参照までに、気圧は27hps減圧、気温は22℃以下、あるいわ、

前日のマイナス7℃で体感をします。

気圧低下で、交換神経の働きにより疼痛作用が現れます。

気温の低下は、皮膚が冷感にも反応しています。

気象病とも言います。


早めに来院すれば、待つ時間が少なくベストです。


@mita18 (医療)







最新記事

すべて表示

コロナ感染予防策

クリニックの先生方は、未曾有の事象に 対処されていると存じます。 リスクを軽減し、不安な事象が 軽減できればと願います、 外来のクリニックで必要な 準備品、患者対応、リハビリの受付 3つの実践と導入法についてお伝えします。 1 準備品 医師用  マスク、フェイスシールド、防護服 必要ならゴーグル 手袋 看護師  マスク(2重) 手袋 フェイスシールド 受付   除菌スプレー 除菌ティシュ クリアボ

電話番号

03-6869-3995

アクセス

〒104-0061

東京都中央区銀座6−13−16

銀座ウォールビルUCF 5階

© 2018

整形&外科コンサル.com