• 整形コンサルコム

代替品

最終更新: 2020年9月17日

形態は、異なりますが、同じ機能を持つもの、

あるいわ、形態も異なるけれど、同じ製品を

代替品と呼びます。



例えば、代替医療に於いて。

医師の指示のもとに、物理的手段や作業を行う

理学療法士、動作、適応能力の回復に努める

作業療法士があります。



また、同じく骨、関節系に関わる施術をする柔道整復師、

手技による施術を行うあん摩マッサージ指圧師、

共に、国家資格の先生です。


一方、エステ、サロン、リラクゼーションは、

民間資格者です。



代替品が、参入している場合、

参入障壁が低いと、それだけ店舗が増えていく為、

市場の競争により

当然、収益の低下に繋がります。



@Mita 42 (経営 物療)


最新記事

すべて表示

3つのR

クリニックの先生方へ、秋口までに3つのリスクを参考にご覧ください。 1 外来患者の減少 2 感染のリスク 3 風評被害 1 外来患者の減少 風邪や軽い痛みの症状で、患者さんが感染をするのを恐れて、 病院やクリニックへ行く機会が減りました。

考えること

開業すると、先生は、診療以外に多くのことの労が伴います。 先生は、どのような方に尋ねられていますか。 多くは、製薬会社の担当者からの情報が多いと思います。 しかし、コロナの事象から、アポイントや面談も減り 良質な情報を得る機会も減少しました。 今後もこの様な状況が続くでしょう

預金把握の仕方

先生のクリニックでは、どのように預金を把握されていますか。 資産表は、月遅れで報告されます。 このため、現状、自医院がどのような状態なのか なかなか掴みにくい現実があります。 簡単で分かりやすい方法をお伝えします。

電話番号

03-6869-3995

アクセス

〒104-0061

東京都中央区銀座6−13−16

銀座ウォールビルUCF 5階

© 2018

整形&外科コンサル.com