top of page
  • 整形コンサルコム

事業主

更新日:2020年9月19日

ご存知でしょうが、就業中や通勤途中の事故やケガで

事業主は、労災の対象外です。

理由は、雇用契約をしている労働者に該当しないためです。


従って、診療を休むことは難しいため、

リスクを回避する必要があります。

車両も、身の安全を守るツールになります。

予め、それ以外に保険に加入する等、

リスク分散ください。


任意で、加入する特別加入制度もありますが、

保証内容等、一般の保険と対比し検討ください。




@shirogane 22(労務)

最新記事

すべて表示

60歳を過ぎれば健康の不安が増加する年齢です。 就労の延長と自己負担の増加なら、どうしても通院の機会は 減少してしまいます。現状の維持に何がしらか、懸念をしている場合は 何かを見つけて、新たに導入をしてみてください。

コロナ感染症は、天災地変の要因の一つです 地代や家賃の減額交渉を、お願いをして見てください。支払いに充当する、家賃を見直すことで 月々の負担は軽減します。

徳とは 医療は、人を通じて行なう行為の一つです。徳を極めた人は、幸福になります 善の行いの中で、これを最高の幸福と言います。 困っている人を助けることを、徳と言います

bottom of page