• 整形コンサルコム

帰属の概念


こんにちは、コンサルコムです



―新薬が出来るまで


開業は、患者さんと向き合うことが多い日々です。


テクノロジーの発達で、医師の診断をある程度は

簡素化するように、AI技術の開発が行われています。


診断は、医療データを取り込み分析して診断をします。

2050年頃に、AI診療を受けて、治療する日が訪れるでしょう。




一方で、世界保険医療機関WHOの感染症の

疾病の認定で、新薬の開発を行うまでは

開業の医師は、患者さんと個別に対応をするしかないです。




―感染症と向き合う


グローバル化で、他国の受け入れと其々の文化の違いを

尊重する寛容な時期に訪れ、拡大した感染症に対して

どのように向き合えば良いでしょう。




感染症は、ピークとアウトの期間のサイクルが早いため

行動する時期と、行動が出来ない時期に分かれます。



都市では、都市封鎖などを行い

他県との交流や移動と往来も、ままならないです。




文化、交流や情報など、人々の生活様式もこの数年で変化しました。

ワクチン接種をするか、しないかの判断をする。

人と会うか、延期するか。

行動を自粛するか、注意喚起をするか、しないかなどです。



従って、正しい判断と答えが、見いだせないことも増えました。

理由は、全て個人の規範に委ねるしかないです。




―新たな公共の場


今、復活しているのは、小さなコミュニティです。

町や市、県からの地域の情報により、

各治自体の状況から、行動や活動を周知が出来ます。



理由は、ワクチンが地域接種で行われたこと、地域に分けて

感染者数発表を行うので、この影響もあります。




このような状況で、人々が、お互いに助け合い

感染症拡大を予防して、共存する社会に変化をしました。




他国の文化を受入れて尊重する時代から、身近な場所で

コミュニティを作り情報交換をして、お互いを助け合いながら

感染症時代を乗り越える流れに変わりました。




この新たな、コミュニティの確立や、職場の医療のスタッフとして

支え合うには、互いに共有する理念が必要になります。




―他者への配慮


お互いを助け合うために、他者への思いやりを持ち

各自が謙虚さを保ち行動すれば、円滑にかつ有益な

組織に繋がります。




自己主張や、自己の営利を目的としたら、繁栄や継続は難しく

他者へ貢献や、配慮をすることで、感染の不安な日常を軽減します。




―次世代へ


今回の感染症からの教訓で、わたしたちは

文化や、生活を守るうえで、お互いを尊重しあう社会を築くことで

次世代に向けて、克服することが可能になるのでしょう。




次の治療薬が一般的に開発、普及されるまで

人々は、感染症に対して危惧をするだけではなく

どのようにすれば感染症を乗り越えるか

互いに、謙虚さ、思いやりの思慮深さを取り入れることです。






参考文献―

『21Lessons』 2019年 ユヴァル.ノア.ハラリ 河出書房




Ginza@93(組織)




最新記事

すべて表示

各部署を纏めて円滑にできるように、加えて先生のフォローを行う 中間管理職の立場になります。 医師と看護師長は、お互いの信頼関係で業務を担います。 自医院のクリニックで、認知のずれが生じてないか 気をつけてみてください。

このように成功や発展を収める場合に チームや組織の中に重要性があります。 組織は、変化を受け入れ方がリスクは少なくて 様々な形態のものや、組織は、時間と共に衰退して行きます。 理由は、業務のパターン化をしてしまうことで 現状維持の方向で、新たなことを受け入れずに

必要なことは、正しい情報を入手し判断をすることです。 このために、倫理の導入を行います。 倫理は、企業の活動、経済、社会、法学と 多岐に渡る根幹になります。 倫理感を養うことで、関係者に 最大多数の最大幸福をもたらし 人々の幸福を、最大効用に行えます。