top of page
  • 整形コンサルコム

医薬品卸

更新日:2020年9月18日


薬剤は、製薬会社から直接に納品せずに、

医薬品卸メーカーを介入します。


薬剤は、古代から、痛み止めに薬草が、使用されていました。

また、アリナミンは、戦後の食料難の時に、

栄養不足を、救いたい想いから作られました。


1974年、明治幕府に於いて、医薬分業が行われました。

その前後に、大阪の船場、道修町に大手、御三家が設立されました。

この場所が発展した理由は、大阪城下町に薬品仲買を

公認としたためです。


大手製薬会社の供給が増加し需要と一致せず、

このために、医薬品を卸会社経由にしました。



卸薬品は、製薬会社の系列となり、製薬会社の意向や、

販売促進に沿い、流通の展開がされます。

卸会社は、薬品の保管、配送体制の充実、医薬品の入出庫の

厳正な点検が行われています。

加えて、迅速かつ、地域性に関連した品揃えの機能を

持つことも特徴です。


製薬会社の販売網拡大の意味で、

卸会社は、時系列になっています。


日本の製薬は、研究、開発が行われて安全性も誇れる分野です。



参考文献 一部引用『医薬品の流通』小原久治



@shirogane61(卸メーカー)

最新記事

すべて表示

薬価の見直し

クリニックの薬剤、医療材料の年間使用は多く、知らない間に仕入れのコストが増えます。 薬剤は、主に2年に1度は、改訂され薬価の引き下げがあります。 1 薬価改正後、差額を返金されていない 2 高い値段のまま、納入をしている  3 中小のクリニックで見直しをしていない

医薬分業

医薬品市場は、10兆円規模になります。参考までに、クリニックが使用する薬剤費は、2兆円規模です。 この点から、クリニックが、如何に薬剤が必要とする産業なのか分かります。しかしながら薬剤を病院の経営原資とするのではなく、医師の診療主体の方向性へ導き、老人の方へ過剰な投与を

時間の共有

院外処方薬局の場合、実際に自院の処方薬で、どの程度市場に流通をしているか処方が分散するために、把握が出来にくくなります。製薬会社の新製品の紹介や、季節性製品の紹介やプロモーションなどは、クリニックにとり有益な情報になります。院外処方でも、労を惜しまずに面談を行ってください

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page