• 整形コンサルコム

医薬品卸

更新日:2020年9月18日


薬剤は、製薬会社から直接に納品せずに、

医薬品卸メーカーを介入します。


薬剤は、古代から、痛み止めに薬草が、使用されていました。

また、アリナミンは、戦後の食料難の時に、

栄養不足を、救いたい想いから作られました。


1974年、明治幕府に於いて、医薬分業が行われました。

その前後に、大阪の船場、道修町に大手、御三家が設立されました。

この場所が発展した理由は、大阪城下町に薬品仲買を

公認としたためです。


大手製薬会社の供給が増加し需要と一致せず、

このために、医薬品を卸会社経由にしました。



卸薬品は、製薬会社の系列となり、製薬会社の意向や、

販売促進に沿い、流通の展開がされます。

卸会社は、薬品の保管、配送体制の充実、医薬品の入出庫の

厳正な点検が行われています。

加えて、迅速かつ、地域性に関連した品揃えの機能を

持つことも特徴です。


製薬会社の販売網拡大の意味で、

卸会社は、時系列になっています。


日本の製薬は、研究、開発が行われて安全性も誇れる分野です。



参考文献 一部引用『医薬品の流通』小原久治



@shirogane61(卸メーカー)

最新記事

すべて表示

ビタミンDは、カルシウムの吸収を良くする働きがあり 骨を作るうえで、同時に摂取をして骨を強くします 骨の密度を維持して、質を保つためには、ビタミンDが必要です。

さらに、整形外科で鎮痛剤を使用する際には 1日3回だと分かりやすく、 痛み止めと胃薬と同等の数量になります

クリニックで、パップ剤を使用する時は 各社の製品を集めて、体中に貼布して、 一度、体感をして見ると それぞれの製品の差異や特徴が、微妙に体感出来ます。 整形外科クリニックで、皆さんの合うタイプを 探して見てください。