top of page
  • 整形コンサルコム

人を育む


様々な業種で、雇用と産業が変化をしました。


ツイッターは、人員を大幅に削減しました。

観光、宿泊、航空業会は、リバンドごとに一定の人員メドが

立ちにくい業種になりました。



安定した職種の1つとして、医療へ求人が集まりやすい時です。

通常の時期より、比較的に良い人材が集まります。

理由は、リストラもなく他の業種と違い堅調だからです。



この様な経済の不安定な時は、人材育成を試してください。




2つの点から述べてみます。



―新たな人材育成


医療で診療を担うのに、優秀な人材を育成する必要があります。

現場に即した能力と経験が、戦力に繋がります。



一人前になるには、人によりますが就労から2〜3年は要します。


時に業務の習得期間が短い人もいます。

実務は、中身の意味と内容を理解せずに見真似になることもあります。



クリニックは、先生の独自による診療スタイルです。

このため院の内部、細部に精通するには時間を要して

信頼の出来るスタッフを育成します。



―女性の雇用

職業的に、看護師、事務職など多くの部署を女性が担う職場です。

女性の婚期や、妊娠、出産、育児と家庭が有り配慮をします。

従って仕事に専念や、就労の出来ない期間があります。



このために、働く他のスタッフにどうしても支障が来ます。

女性の就労数の多い職場の問題です。



なので、業務のカバーと任せることが出来ると長期的に安定します。




また、診療が通常通りに行えない場合は、患者さんに診療の支障を

きたします。

ここは、クリニックとして評判を落としたくない所です。





2点目は、スタッフのリーダーについてです。

大人しいタイプか、イエスマンかです。



―内部報告


医師の指示で、業務は川下まで指示を徹底します。

それぞれ資格や、経験により序列があります。

一連して業務の連携が図れることが、一番に有難いです。



医師の権力が強い場合は、どうしてもイエスマンが増えます。

医師は、指示を行いますが、そのために医療の

危機や支障について報告しない人が増えます。




各部署は、日々に様々な問題が起こります。


例えば、患者さんのこと、医療のこと、日常業務のことなど

毎日の業務で見逃してしまいます。



この様な些細なことを留意ができるように、スタッフに業務について

意見を聞きます。


何某らか問題で、ルーティンが円滑に行われなかった原因があります。



自分の意見を言わないまたは、発言をしにくい雰囲気があれば

察してください。




スタッフは、使命を果たすために一生懸命に業務に取り組んでいます。

一方で医療という、川上からの指示系統と、組織系統の雰囲気で

2つの側面で、発言を自由にしにくいこともあります。




組織が、活発であれば安心して業務を任すことが出来ます。

従って、今後に伸びる可能性を秘めています。




―タイプ

イエスマンは、基本に従順に業務を行います。

従って、自分が注意をされないように意見を持たないか

具体的に考えないため今後の組織に考慮すると低迷してしまいます。




また、大人しいタイプは、時間をかけて返答をして話を聞く力は高く、

顧客のニーズを汲み取りやすいです。


上司の機嫌をとることではなく、深く考察を行うために

仕事面は、効率を良くします。



相手の話を聞き入れることで、積極的に提案を受け入れるため

組織へ有益になります。


この場合のリーダーは、賢明で大人しいタイプです。




次の時代に向けた優秀な人材とリーダーの育成を試みてください。

環境の良い職場へ繋がります。





参考文献

『「静かな人」の戦略書』2022 ジル.チャン ダイヤモンド社






Ginza@ 114(組織

最新記事

すべて表示

能力の高い人は、終始一貫して、自分を過小評価するために全面に 出ないです。 従って、組織が能力の低い人に合わせる傾向になります。 この様に至らないために、グループで能力の高い人だけで推進を行うか 優秀な個人をリーダーにして、判断を任すようにします。

各部署を纏めて円滑にできるように、加えて先生のフォローを行う 中間管理職の立場になります。 医師と看護師長は、お互いの信頼関係で業務を担います。 自医院のクリニックで、認知のずれが生じてないか 気をつけてみてください。

このように成功や発展を収める場合に チームや組織の中に重要性があります。 組織は、変化を受け入れ方がリスクは少なくて 様々な形態のものや、組織は、時間と共に衰退して行きます。 理由は、業務のパターン化をしてしまうことで 現状維持の方向で、新たなことを受け入れずに

bottom of page