top of page
  • 整形コンサルコム

エクエル

更新日:2022年9月12日


エクエル

女性のテーマ、美を意識した製品です


医薬品関連のご紹介をします

患者さんのニーズが高かった製品です

お役立てください



製品名 エクエル

会社名 大塚製薬



効能

エストロゲンの補給



理由

エストロゲンは、女性ホルモンに欠かせない要素です

例えば、女性らしさ、肌や髪のつやなど、若々しさを保つ成分です



エストロゲンが、減少すると更年期障害を起こして

加齢に伴い体内のトラブルが、生じてきます



例えば、頭痛やめまい、疲労感やイライラなど

目にみえない心身の不調を引き起こします。



従って、エストロゲンを補強すれば、骨を丈夫にして

自律神経の安定を図り、

更に、コレステロールを減少させます。



―女性らしさ

美しさ、しなやかさ、潤いのある肌、艶のある髪

張りのある皮膚、加えて、繊細さなど。

自然な振る舞いや、容姿の中で見られる姿のことです。




―イソフラボン

大豆イソフラボンは、エストロゲンの補完作用を持ち

同じ効果を示します。


記憶力や、コレステロールの排除の効果もあり

身体の不調を除きます。



Ex, 大豆の摂取量

イフソラボンの摂取量は、40〜50mg/日が目安です。




―類似効果

更年期以降の女性に多い、指の痛みや、関節の腫れや

変形の改善が、イフソラボンで行えます。



メリット

日本の国産大豆を使用して

国内外で、安全性や有効性の検証済みです。

リピート患者さんが、多く

箱の梱包で、取り扱いやすいです。




更年期ラボ

https://ko-nenkilab.jp/equol/about05/handosteoarthritis/


大豆イソフラボン


エクエル


更年期障害

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6423825



C-301

Ginza@ 101 (医薬品)




最新記事

すべて表示

薬価の見直し

クリニックの薬剤、医療材料の年間使用は多く、知らない間に仕入れのコストが増えます。 薬剤は、主に2年に1度は、改訂され薬価の引き下げがあります。 1 薬価改正後、差額を返金されていない 2 高い値段のまま、納入をしている  3 中小のクリニックで見直しをしていない

医薬分業

医薬品市場は、10兆円規模になります。参考までに、クリニックが使用する薬剤費は、2兆円規模です。 この点から、クリニックが、如何に薬剤が必要とする産業なのか分かります。しかしながら薬剤を病院の経営原資とするのではなく、医師の診療主体の方向性へ導き、老人の方へ過剰な投与を

時間の共有

院外処方薬局の場合、実際に自院の処方薬で、どの程度市場に流通をしているか処方が分散するために、把握が出来にくくなります。製薬会社の新製品の紹介や、季節性製品の紹介やプロモーションなどは、クリニックにとり有益な情報になります。院外処方でも、労を惜しまずに面談を行ってください

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page