• 整形コンサルコム

1/3理論


1/3理論


皆さまこんにちは、コンサルコムです

コロナ時代の働き方に提言します。



NYは、賃金が1、5倍に上昇して、人集まらない人手不足の状況です

同じく、NYの医療従事者も、1年で3割ほど離職率が増加しています。



理由は、離職した人達がコロナに感染するリスクや

『働くこと』に対して意識の変化が、生じたためです。

雇用や感染の不安、同じ業界で働くことなど、働き方を考え始めたからです。




日常は、会食や談笑の自粛を行い、旅行、観光等の外出も激減しました。

このため家庭で過ごす時間が、増加しました。

一方で、研修や会合など人と対話する機会も減少して

働くスタイルが変容しました。



コロナ前は、仕事が半分、プライベートが半分の生活でした。

プライベートな時間を趣味、気分転換を行い

仕事に従事することが出来ました。



コロナの時代

― 仕事      1/3

― 自己成長の時間 1/3

― プライベート  1/3




コロナが続く間は、仕事も以前のように通常通りは行えないため

日常の時間を、活用して自己啓蒙をすると良いでしょう。



例えば、自己成長の時間は

― 体力を付けて、生産性を上げる

― メディケーションを行い、集中力を高める

― 知識を習得する



コロナの終息時を見通して、自己投資の時間を作ります。

例えば、読書をする、資格を取る、試験を目指すなど

興味のあることに挑戦して、習得の時間に充当します。




内面が充実すれば、仕事に対して働く意識が高まります。

また、自己成長することで、見識が広がり自身のスキルアップに繋がります。

自分の好きなことを行うので、疲弊することも減少します。



例えば、院内で導入する場合は、好きな本を読むなどは

取り入れ易い方法の1つです。




コロナ感染症に一喜一憂せずに、自分の興味があることに

時間を費やして自身を研磨するする機会です。



また、時間を効率的に使うことで、メリハリのある生活が出来て

仕事の切り替や、集中力も高くなります。




1/3理論を導入して、自己投資の時間を導入し

スタッフの働く意識を高めてみませんか。






参照引用


日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN210500R20C21A4000000/

産経新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN210500R20C21A4000000/






Ginza@90(組織)


最新記事

すべて表示

経済の不安定な時は、人材育成を試してください。 医療で診療を担うのに、優秀な人材を育成する必要があります。 現場に即した能力と経験が、戦力に繋がります。

各部署を纏めて円滑にできるように、加えて先生のフォローを行う 中間管理職の立場になります。 医師と看護師長は、お互いの信頼関係で業務を担います。 自医院のクリニックで、認知のずれが生じてないか 気をつけてみてください。

このように成功や発展を収める場合に チームや組織の中に重要性があります。 組織は、変化を受け入れ方がリスクは少なくて 様々な形態のものや、組織は、時間と共に衰退して行きます。 理由は、業務のパターン化をしてしまうことで 現状維持の方向で、新たなことを受け入れずに