top of page
  • 整形コンサルコム

金融のリテラシー


整形外科の運営で厳しい時、また季節要因で売上の上限と下限に

差がある場合に返済方法の見直しについてです。


返済は大きい事象の1つです。

ご参考までに




金利の違いについて


―変動金利

変動金利は、日銀による政策金利になります。


インフレが起きている場合は、金利の引き上げを行い

デフレの場合は、金利の引き下げを行います。


従って、インフレと円安傾向の中で、円安を是正するために

金利の上昇が予測されます。




―固定金利

国が定めた、10年国債の金利の利回りに基づいています。

固定金利の場合は、返済が終了するまでの期間は、金利は変わらないです。



もし変動金利が上昇する場合は、今後に支払う利息も上昇する

場合があります。


金融機関に変更のお願いをして見てください。

基本的に柔軟に対応をしてくれます。




次に返済方法の違いです。



―元利均等の場合


毎月の『支払いを一定額』にします。

借入れの当初は、元金に対して利息の支払いは大きいです。

最終的に利息は、徐々に減少していきます。

支払い総額は、元金均等より増加します。



一方で返済期間が、例えば、20年、30年など長いほど

利息の負担額は減少します。

従って、長期的な借入れに向いています。


また、当初の返済額の負担は少ないため、キャッシュに余裕がない時

更に手元の資金を厚くしたい時は、メリットが大きいです。




―元金均等


『元金の返済を一定額』に計算をします。

月々の支払い額は、減少して行きますが、ずっと元金の返済は一定です。


返済当初は、借入額が大きいと支払い負担額が多いために

手元にキャッシュが残りにくいです。


従って、キャッシュフローは、マイナスになりがちです。


この場合は、手元資金のキャッシュが豊富にある場合は

メリットがあります。

元金は、長期間に一定額を払うことになります。




―これ以外の方法


デットサービスがあります。

負債から考えて、幾らなら払えるかをキャッシュの余剰から

判断を行い、返済額を決めます。

一方で、貸出の条件変更になることもありますので

銀行に相談をして見てください。





―資金を優位な状況に保つ


借入れは、一度決めたら長期間の間は、ずっと同じ状況で続きます。

お金の価値は、世界の経済と情勢により変動をしています。



元利均等、元金均等の違いを、支払い総額で見る場合が多いです。

借入れの方法の違いから、キャッシュに差異が生じます。

クリニックの現状から見て、見直してください。




金利が上昇する場合は、事前に固定金利を行い為替の政策の影響を

受けにくくします。


元利均等にすればキャッシュは、以前より余剰を生みやすくなります。

これにより、手元資金に余裕が生じれば、幾分は資金面の改善が図れます。

資金を手厚くする方法です。



返済に負担を感じる場合は、元利均等にして見直しを図って見てください。




主要銀行へ相談をして、更にサブの銀行へ相談を行って見てください。

手厚い保護をお願いして見てください。









参考引用

イーデス

https://www.a-tm.co.jp/top/housingloan/basicknowledges/type/repayment-scheme/


ウエルスハック

https://www.musashi-corporation.com/wealthhack/equal-repayment


ONTRACK

https://ontrack.co.jp/pf-terms/借入金の返済方法/


不動産lab

https://www.realtylab.jp/loan-information/hensai1.html





Ginza@ 115(財務)

最新記事

すべて表示

社会の普遍性が多いと、ボラティリティは高くなります、 従って、リスク要因が高く、既存で構築や計画をしていた イメージと違い、展開が描きにくいです。 リスクに供える時代です。 今後を見据えて、変革を取り入れて クリニック独自の分野を広げます。 価値ある源泉を、作り出して行く時

医薬品の在庫管理の仕方と決算期について

bottom of page