• 整形コンサルコム

調和のとき


こんにちは、コンサルコムです


リスクの多い時に入り、乗り越え方をお伝えします

ご参考までに



✔︎リスクの増加

ウクライナの影響により物価高になりました

加えて、温暖化よる自然災害も増加した結果

インフレが加速しています。




✔︎短時間の決断


―日常で、数多くの情報の中で、各事象について

正しいか正しくないかを、取捨選択をする機会が増えました


例えば、ワクチンを実施する、しない場合などで

判断や対応に追われる機会が、増加しました。



この様に、溢れる情報の中から、何ごとも動きが

速くなったと感じることは、ありませんか



以前の意思決定と比較すると、比較にならないほど

時間の対応が速くなり短くなりました

従って、多岐の観点でケースバイケースの例が増加しました。




✔︎コロナと共存

以前のように、自粛や行動の制限がなくなり

コロナ感染症に、過剰に不安を感たり、恐れたりしない生活で

コロナと共存する生活に変化しました。



このような物価高騰、自然災害や、コロナ事象にから

リスクのある時代に至り、自分たちで対応することが

難しい状況が増加しました。




✔︎調和


―社会全体を通して目的が、営利優先で主なり弊害が生じました



昨今は、コロナ感染症により患者減少の影響で

営利を目的となる病院が、増えました




過去に天災の多い時や、感染が増加した時は、お互いで助けあいました

この時代を乗り越える一つの方法です



人々が、生活をするうえで、不安や明るい希望が見出しにくい時に

リスクを取り入れて過ごしやすくするためには

お互いに調和をして、他者を助けることです。




例えば、クリニックで、お互いを育みながら

弱者へ声をかけと配慮を行うことで安心感や一体感が生まれます




✔︎ホスピタルの使命

医療は、救済を目的とした、ホスピタルとして人々に慕われました

疲れたひとを癒し弱者を救済して、人を助ける慈善事業を行いました



クリニックで、人々の助けを行うことを目的すれば、使命が果たせます

各個人が、人々を助け合うことで、困難な事象を乗り越えます




社会的に、慈善事業は優位とされています

外部の困難な時代を向かえて、お互いに助け合い育むことが

必要ではないでしょうか






参照引用

ホスピタル

https://www.etymonline.com/search?q=hospis


コトバンク

https://kotobank.jp/word/天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず-2065525





Ginza @ 108 (外部環境)


最新記事

すべて表示

今回は、口コミによる検証をお伝えします。皆さまのクリニックは、如何でしょう 診療主体のはずが、外部評価を気にしながら 診察をすることになります。病院で、情報発信の元は、受診した患者さんです 患者さんが、受けた心象の良し悪しを書きます。 多くの場合に起こるのは、患者さん