• 整形コンサルコム

考えること

開業すると、先生は、診療以外に多くのことの労が伴います。

先生は、どのような方に尋ねられていますか。



多くは、製薬会社の担当者からの情報が多いと思います。

しかし、コロナの事象から、アポイントや面談も減り

良質な情報を得る機会も減少しました。

今後もこの様な状況が続くでしょう。



そこで、必要なことは考えることです。

適切な情報が得れない中で、今後どのようにして行けば良いか。

国の制度に依存をしていても淘汰されます。

また、他の模倣すれば出来るという時代も終わりました。

如何に、柔軟な対応が出来るかが問われます。



例えば、大企業では、通勤電車で感染のリスクを避けて

自宅で在宅のテレワークになりました。

この様に、日常の働き方や生活スタイルも様変わりをしています。



医療面では、

例えば、遠隔診療を行うことで対面を外して

お互いの感染のリスクが避けれます。

(下記参照)



これからは、自分で考えて行う時代になります。

医療も既存の考えに囚われずに、新しい対処の仕方を

考えるときです。



時代のニーズに合わせた対応をして新しいことが

取り組める機会です。





遠隔診療の方法について、ご参考に



1 遠隔診療を行っている会社と提携してソフトを導入します。


2 先生が、診療可能な曜日と時間帯を決めます。

  一人10分〜15分程度を目安に設定します。

  曜日や、時間帯は先生が自由に出来ます。


3 患者さんが、携帯やパソコンの画面から予約をして

  マッチングした時間帯に診療をお願いします。

  後に、クリニックや、薬局を通じて患者さんに

  薬を届けます。


  患者さんは、事前にクレジットカードを登録していますので、

  医療費が未払いになる可能性は、低いです。


4 但し、診療後に再度、診療録に記入することになります。






@shirogane 68 (経営 その他)

最新記事

すべて表示

これからの経営

皆さまの医療機関では、コロナ感染症による 制度融資を受けていますか。 主に、政府系融資と、民間の信用保証付き融資制度があります 例えば、銀行から融資を受ける際に 銀行が、単体で引き受けるのではなく 保証協会や、金融公庫などでリスクカバーをします これを制度融資と言います。

この先10年の医療

クリニックの外来は、コロナの感染を恐れて 患者さんは、かなり受診を控えました。 減少した患者さんの来院の回復を待つより、 新たな取り組みを行い この先、コロナと共に10年に立ち向かってください。 理由は、国内でコロナ感染症ワクチンの開発を 大学で行うことになりました。

Case 4 資金繰り (2)

こんにちは。コンサルコムです。 Case 4 資金繰りの続きです。 クリニックで、資金繰りが上手くいかなかった場合に 銀行との間で、いくつかの方法があります。早めにコンサルタントにご相談ください。 理由は、クリニックの中で悩まずに済みます。