top of page
  • 整形コンサルコム

緊急時 (2)

更新日:2020年9月18日

手順をお伝えします。


最初に119番に、救急車を要請します。


質問事項です。

1 火事ですか、救急ですか。          (救急です)


2 市町村、何町、何丁目、何番、何号ですか。  (正確に出来るだけ詳しく)


3 どうしましたか。          (簡潔に状況や、患者さんの状態を伝える)


4 電話番号を教えてください。



およそ、到着迄の時間の目安は、7〜8分です。

その間、意識を見て

    心肺蘇生(胸椎圧迫)

    AED徐細動を行ってください。


カルテも患者さんの側にあると、すぐに伝えれます。



@Meguro 32 (実務)

最新記事

すべて表示

救命とファーストエイド

バイスタンダードとは居合わせた人が、119番通報とAEDの確保を依頼する指示を行います。救急の現場に居合わせた時は、ためらわず、勇気を持って実施します。バイスタンダーの行動は善意で対処をした行為に対しては、責任は問われないと考えられ、傷病者の生命が善意に託されています。

インシデントの予防

インシデントの発生は、勤務年数が、1年未満が3割を占めます。インシデントが起こる時間は、午前は、10時〜11時頃か、夕方4時頃です。ミスを防ぐには、ダブルチェックを行います。名前と顔を連動させます。困った時に、誰に指示を仰げば良いかを決めておきます。院内のレベルを上げます。

患者さん対応

人は、誰も他者に認められたいです。患者さんと接する際、相手の状況を話題にして、聞く側に立ち 思いやりのある言葉をかけます。 これは、相手の尊厳を大事にして、患者さんから好印象を与えます。 患者さんとの向き合い方を工夫してみます。

bottom of page