• 整形コンサルコム

緊急時 (1)

最終更新: 2020年9月17日

外来に於いて、まれに高齢者の方、外傷の方、鎮痛注射後の

患者さんが、ショックにより意識低下する場合があります。


容態の変化は、待合室や、処置室でも起こります。

事前に、初期対応(誰が、何を行うか)を決めておくと

慌てません。


特に看護師さんは、患者さんの脈拍、血圧、血管の確保が必要です。


急なリスク対応も、手順を踏まえれば安心です。



実践、経験が現場で役に立ちます。

初期動作の対応時間も、計測してください。



@Meguro31 (実務)

最新記事

すべて表示

可動領域

稼働領域 こんにちは。 今回は、リハビリテーションです。 感染症予防のため、外出の自粛を受け、旅行の自重、懇親会の自粛、イベントの規制など、 日常生活に於いて、様々な規制を強いられています。 また、仕事の環境面は、テレワーク、リモート会議で 通勤や、外出の機会が、随分と減少致

コロナ感染予防策

クリニックの先生方は、未曾有の事象に 対処されていると存じます。 リスクを軽減し、不安な事象が 軽減できればと願います、 外来のクリニックで必要な 準備品、患者対応、リハビリの受付 3つの実践と導入法についてお伝えします。 1 準備品 医師用  マスク、フェイスシールド、防護服 必要ならゴーグル 手袋 看護師  マスク(2重) 手袋 フェイスシールド 受付   除菌スプレー 除菌ティシュ クリアボ

電話番号

03-6869-3995

アクセス

〒104-0061

東京都中央区銀座6−13−16

銀座ウォールビルUCF 5階

© 2018

整形&外科コンサル.com