top of page
  • 整形コンサルコム

緊急時 (1)

更新日:2020年9月18日

外来に於いて、まれに高齢者の方、外傷の方、鎮痛注射後の

患者さんが、ショックにより意識低下する場合があります。


容態の変化は、待合室や、処置室でも起こります。

事前に、初期対応(誰が、何を行うか)を決めておくと

慌てません。


特に看護師さんは、患者さんの脈拍、血圧、血管の確保が必要です。


急なリスク対応も、手順を踏まえれば安心です。



実践、経験が現場で役に立ちます。

初期動作の対応時間も、計測してください。



@Meguro31 (実務)

最新記事

すべて表示

理学療法士の改定

表題のタイトルをクリニック戴くと内容に入ります。 リハビリ専門職の賃金は、20年間変わらない状況でした。低い処遇下にあり 適度な評価を受けていなかったからです。

救命とファーストエイド

バイスタンダードとは居合わせた人が、119番通報とAEDの確保を依頼する指示を行います。救急の現場に居合わせた時は、ためらわず、勇気を持って実施します。バイスタンダーの行動は善意で対処をした行為に対しては、責任は問われないと考えられ、傷病者の生命が善意に託されています。

インシデントの予防

インシデントの発生は、勤務年数が、1年未満が3割を占めます。インシデントが起こる時間は、午前は、10時〜11時頃か、夕方4時頃です。ミスを防ぐには、ダブルチェックを行います。名前と顔を連動させます。困った時に、誰に指示を仰げば良いかを決めておきます。院内のレベルを上げます。

Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page