• 整形コンサルコム

緊急時 (1)

更新日:2020年9月17日

外来に於いて、まれに高齢者の方、外傷の方、鎮痛注射後の

患者さんが、ショックにより意識低下する場合があります。


容態の変化は、待合室や、処置室でも起こります。

事前に、初期対応(誰が、何を行うか)を決めておくと

慌てません。


特に看護師さんは、患者さんの脈拍、血圧、血管の確保が必要です。


急なリスク対応も、手順を踏まえれば安心です。



実践、経験が現場で役に立ちます。

初期動作の対応時間も、計測してください。



@Meguro31 (実務)

最新記事

すべて表示

これからの経営

皆さまの医療機関では、コロナ感染症による 制度融資を受けていますか。 主に、政府系融資と、民間の信用保証付き融資制度があります 例えば、銀行から融資を受ける際に 銀行が、単体で引き受けるのではなく 保証協会や、金融公庫などでリスクカバーをします これを制度融資と言います。

ナースに拍手

急速にワクチン接種が進められています。 ワクチンのオペレーションタイムについてお伝えします。 時間の目安として、ご参照ください。 ―実技の看護師 彼、彼女らは、毎日、注射の手技をしているため戦力になります。 ワクチン液の準備は、慣れているため手順を理解すれば 非常に手早く、

ピンチはチャンス

コロナワクチンの供給により接種が始まりました。 需要のある所に、必要とされるニーズがあります。 接種対応について、ご参考ください。 概略 新型コロナウイルスに『mRNAワクチン』を投与して 抗原タンパク質を取り入れ、体内に抗体が作られます。 ワクチンは  生食で4倍に希