• 整形外科コンサル.com

簿記 (1)

最終更新: 2019年12月22日

開業をすると同時に、簿記(※)が発生します。

簿記の記帳して、申告書を作成します。

のちに、納税をすることになります。


簿記の時制は、発生主義のために、

過去の事象についてです。

その際に、貸借対照表と損益計算書の2つがあります。



貸借対照表(balance sheet)は、

企業が、一定の時点で、資産はいくらあるか、

その財産のもとは、

どの様にして集めたか、財政状態を示します。


損益計算書( profit and loss statement )は、

企業が一定期間で、どれくらい収入を得たか、

どれくらい使い、

いくら残っているかを示します。



慣れない簿記用語ですが、

会計用語は、ずっと不変です。



※ 簿記は、お金や財産に関する取引の記録をつけることです。



@mita(43)(財務)



電話番号

03-6869-3995

アクセス

〒104-0061

東京都中央区銀座6−13−16

銀座ウォールビルUCF 5階

© 2018

整形&外科コンサル.com