top of page
  • 整形コンサルコム

理想的な請求システム


コロナの感染抑制のため、クリニックで

ワクチン接種を出来る時がついに来ました。


病院は、月初めに医療の請求業務があります。

コロナワクチンの接種後の請求方法と

新しい国の取り組みについてお伝えします。



✔︎ ワクチン接種の請求先

✔︎ 10日までに、国保連合会へ提出をする



A 接種者が、同一市町村の場合       ― 市町村へ

B 接種者が、市町村外の場合        ― 国保連合会へ

C 接種者が、同一市町村の場合でも     ― 国保連合会へ

Cの場合は、地域により確認する

 市町村から連合会へ提出する旨の案内がある



上記の3パターンに分かれます。

地域の市町村に、直接請求をして支払いをする。

また、それ以外のエリアについては、国保連合会へ請求した場合

支払い業務を代行します。

市町村外は、他市へ都度、請求手続きを行わなくても良いため、事務の軽減が図れます。





✔︎ 画期的なシステム



コロナ感染症が発症から半年ほどで、ワクチン接種を

一元管理をする、サプライチェーンが構築されていました。


『V-SYS ワクチン接種円滑化システム』



ワクチンの供給、接種、配送と管理、

また行政の県、市町村を繋ぐ管理システムです。

タブレット端末で、ワクチンメーカーから供給や接種人数を把握し

人々の接種状況が、把握出来ます。



クリニックで行うのは、V-SYSのタブレット端末で

ワクチンの注文、実績報告をするだけです。

直接に行うのは、患者さんの予約と接種だけです。



V-SYSは、注文や配送日が管理され決まっているので、

注文に割く時間や、Fax、ペーパーレスになり手間が省かれます。



メリットは、

V-SYSの導入で、ワクチン接種をした患者さんの医療費を

V-SYSで請求業務が出来ます。



国保連合会へ提出する際の書類を、V-SYSで作成管理すると

クリニックの負担が減少します。

提出する際は、予診票のコピーを取り別に保存が必要です。




コロナ感染症のワクチンは、保存期間が定められていて

数量の確保も未だ、充分でないため供給を一元管理することで

ワクチンを無駄なく効率的に配給します。



V-SYSで医療と行政、そしてメーカーと結び、人々の健康が守られます。

クリニック外来の使命を果たし

患者さんが安心して、健康的な日常を迎えることが可能になります。







参照先

厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/content/000768516.pdf

V-SYS

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000707430.pdf







@Hiroo78(事

最新記事

すべて表示

整形外科は、痛みの軽減のために、どうしても通院回数が増えます。 一方で、このマイナンバーの加算により、さらに患者負担が生じるために 患者さんは減少します。 患者さんに負担を強いることは、20円の収益よりリハビリ通院など 1人の患者さんの来院の機会を失うことの方が、大きいです。

マイナンバー導入の主な目的 2022年9月の時点、49%と普及していない状況です このために、マイナンバーカードの普及をすことが目的です。 社会保障費で、医療費が上昇しています マイナンバーカードの施行で 医療費の抑制をして 医療費を削減する為に導入し ます。

患者さんの緊張をほぐすために 院内に、香りのテイストを加えてみませんか。アロマオイルの香りは、自律神経の緊張をほぐす効果があります。

bottom of page