• 整形コンサルコム

有事の経営

最終更新: 2020年9月17日

今年2〜4月期の病院への調査です。

全国の病院の8割で、外来や入院患者数が減少をして、経営が悪化しています。

先月の5月の時点で、利益率は、平均10%以上のマイナスになっています。

この先、コロナ感染症の第2波、第3波が到来した時に、

医療が対応できなくなる恐れがあると報告されています。

整形や外科の外来型クリニックにとり、深刻な事象です。

緊急事態宣言の発令は、4月から5月まで延長されましたので、

この間の医療収入が、反映されるのは6月以降になります。


上記の医療収入の減少に伴い、国の緊急的な助成金が提示されました。

前線で、矢面に立ち向かう医療従事者へ支援金は、

コロナ患者の診療を行った医療機関へ最大20万円を、

該当する医療機関に勤務をして、

コロナ患者の診療がなかった場合、10万円が給付されます。


通常、キャッシュフローは、2、3ヶ月位の余剰があります。

7月は、賞与の支払い及び、税金等の納付期間もあり、

何がしらかの対処をすることになります。

一方で、新たな運転資金が必要になります。

ワクチン接種が早ければ、来春頃とされています。

その頃までを見越して、枯渇しないように

余裕のある資金を、ストックするよう願います。


✔︎CASE

担当したクリニックの例について

先生に、新たな方針を導入して戴き、

売上は、4月期は、対前年比で10%の減少で収まりました。

患者数が、直接に影響せずに済みました。

患者数(X) not= 売上(y)

患者さんの外来数は、コロナ感染の影響で

3分の1まで減少していましたが、

実質、そこまでのダメージには至りませんでした。

医療収入が1割程度ダウンしても、季節的に良くあることで、

適時に回復を行えば良いのです。

先生は、もっと早く方針を取り入れたら良かったと。


たまたま、タイミングの良い時期に、

方針を取り入れて戴き、被害が最小であったことは、

何より功を奏する結果と言えます。




引用先

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200518/k10012434171000.html


@shirogane67(経営)

最新記事

すべて表示

Case 3  情報開示 

クリニックの未来について如何、お考えでしょうか。 C先生から、開業した病院を売却したいとご相談を受けていました。 医院の買収案件に、整形外科クリニックC先生と供に同行を致しました。 買収先は、心療内科の開業の先生です。 今回、整形外科クリニックで閉院を決めた理由は、 コロナ

クリニックの明日

こんにちは。 クリニックの今後の展望について、如何な思慮をお持ちでしょうか。 結論、経営の切り替えが早く、早めに方向転換した方が リスクを軽減しています。 外来で 感染予防の徹底で、インフルエンザ患者の減少 コロナ感染懸念のため、来院患者の減少 主に2つの起因により、病院全体

ビル・ゲイツの名言

私は5年間急成長する企業には驚かないが、20年、30年にわたって継続的に優れた成果を出している企業には非常に興味がある。要は、永続性のメカニズムが埋め込まれているかどうかなのだ。コロナ感染症のリスク、社会的ボタティリティの高い中、先の見えない佳境です。 経営の励みに、ご参考に