top of page
  • 整形コンサルコム

患者さん対応


患者さんは、来院する際の目安にネットを見て来院することがあります。

その際に、口コミによる風評被害の影響を受けることがあります。

 

多くの場合、医師がやる気をなくす原因になります。

この様な時に、患者さん対応の留意としてお役立てください。

 

 

 

例えば、高度な専門職(医療、工学、会計学など)は、技術的な知識により

一般より高い地位にあり、指導力と相手への熱意を持てば、より高い収入を得ます。

開業後に、状況に応じた対応を図ることで、利益へ繋がります。

 

 

 

A 人を批判しない

 理由― 人を批評し、悪く言わないようします。

     批判することは、無益でまた相手は、怒ったり、恨んだりします。

     人の欠点を直すために、言う気持ちは立派ですが、自分の欠点は

     改めにくいものです。

     人を矯正するより自分を直す方が、遥かに得で危険も少ないです。

    

 

 

B 賞賛を与える

 理由― 患者さん対応は、自分の重要さについて満足させることです。

     人により満足する内容は、異なりますが褒めて励まします。

     何故なら、叱責をされると向上心を害してしまい、気持ちを傷つけてしまい

     人を変えることは出来ないです。

     一方で、褒めて、励ますことで向上心が上昇します。

     人の長所を褒めることで、他人に認められ重要さに満たされます。

 

 

 

C 相手の立場になる

  理由― 成功の秘訣は、患者さんの立場を理解して、患者さんの立場で見ます。

      例え、患者さんを説き伏せても、自尊心が許されないです。

      患者さんの関心や、問題に留意をして、それを可能にする方法を教示します。

      これが、双方にとり一番メリットに繋がります。

   

 

 

D 笑顔で接する

 理由― 笑顔は、好意的なメッセージとして、受ける側を明るくします。

     人に好かれる理由に、人柄、魅力、能力などがあり笑顔は、好感度を上げます。

     患者さんの言い分に聴講し、笑顔で対応すると苦情や、不満のある人も

     好意的な心象になり問題の解決が、容易になります。

 

 

 方法― 無理にでも笑顔を作る。

     或いは、快活に振る舞い快活に話して、自分の気持ちの持ち方を工夫する。

 

 

 

E 名前を覚える

理由― 名前は、本人だけの固有名詞で、他の人と違いを表す特別な存在です。

    人は、自分の名前に関心を持ち、名前を呼んでもらうと気分が良いです。

    名前を覚えることで、相手に対して配慮が伝わり患者さんから好印象を得ます。

 

 

 

F 他人に関心を持つ

 理由― 患者さんに関心を持つことで、誠実な印象を与えます。

     逆に患者さんに関心を持たなければ、見当違いから誤解を生じてしまいます。

     人は、誰でも自分に関心を持ってくれる人に好感を得ます。

     このため、自分の労力と時間を費やします。

     相手に関心を持つ方が、遥かに利益が得られます。

    

 

 

G 聞き手に回る

理由―  患者さんに自身のことを話す機会を与えて聞き手に回り、患者さんが

    喜んで答えるようにします。

    患者さんの話に聴講することで、好ましい心象を与え

    相手の話を聞かないのは、不満の要因になります。

 

 

 

―メリット

患者さんの関心を持っていることを、問題にして話題にします。

患者さんの状況や意見に合わせて話すことで、安心し患者さんと双方の利益になります。

 

 

ご年配の方が、些細なことで通院する理由は

自分の話を聞いてもらいたいために病院へ行きます。

 

 

人は、誰も他者に認められたいです。

心をこめて賞賛して、認められることで重要な存在だと認識します。

 

患者さんと接する際、相手の状況を話題にして、聞く側に立ち

思いやりのある言葉をかけます。

これは、相手の尊厳を大事にして、患者さんから好印象を与えます。

 

 

親切な言葉、励ましの言葉は、より経済的に多くの利益を生みます。

経営改善をする前に、患者さんとの向き合い方を工夫してみます。

 

 

 

今から90年前にあるビジネスの黄金比の法則です。

人は、誰でも健康に留意を願います。

患者さんは、特に医師に聞いて欲しいのです。

 

 

 

 

参照引用

『人を動かす』 2023年  Dカーネギー 創元社

 

 

Ginza@142(医療) 患者対応

最新記事

すべて表示

救命とファーストエイド

バイスタンダードとは居合わせた人が、119番通報とAEDの確保を依頼する指示を行います。救急の現場に居合わせた時は、ためらわず、勇気を持って実施します。バイスタンダーの行動は善意で対処をした行為に対しては、責任は問われないと考えられ、傷病者の生命が善意に託されています。

インシデントの予防

インシデントの発生は、勤務年数が、1年未満が3割を占めます。インシデントが起こる時間は、午前は、10時〜11時頃か、夕方4時頃です。ミスを防ぐには、ダブルチェックを行います。名前と顔を連動させます。困った時に、誰に指示を仰げば良いかを決めておきます。院内のレベルを上げます。

チャットGPTの例

患者さんのメリット。専門家への受診の啓蒙を促され、私感による自己判断や治療の遅れが、軽減し防げます。クリニックのメリット 患者の問診に時間を割いて、判別する時に、病名や治療に対して理解するために説明をする時間が軽減します。利便性は、時間の効率化、客観的な見極めで解答を導

bottom of page