• 整形コンサルコム

広告費について


こんにちは、コンサルコムです


今回は、適切な広告費について述べます

ご参考にお役立てください。




皆さまのクリニックは、幾らくらい宣伝費用を

かけていますか。



その広告費用が多いか、少ないか

中々、検証しにくい点があります。


また、広告の効果が有るか、ないのか

適切に反映されているか分からない部分もあります。




経済学を用いて論証をしてみます



基本は、広告費をかければ、かけるほど売上は上がります。


それだけ、多くの患者さんの目に付きやすくなり

潜在的な記憶に残るからです。



医療や、健康ビジネスの場合は、年間売上の10%の広告費が

適切とされています。


従って、売上額の10%を目安に立てます。



例えば、売上が1万円の場合には

広告費、10%で、1000円です。




一番、良い方法は、費用を掛けないことです。



理由は 1 新たな費用が掛からないこと

    2 患者さんが増加すれば、それだけ生産性が

      上がります




―適切な広告費の算出方法


どの程度、広告をかけたら最適になのか、分岐点を下げて探します。



1000円以上を払うなら、費用をかけ過ぎになります     

1000円以下に収めて、1円なら最高の利益になります。



この場合に費用と、利益が等しくなるまで宣伝費用を減らして

広告費と、利益が一致すれば、最適になります。



利益を最大化にするため、いくらまで増やせば良いか


これが、適切な広告費のかけ方になります。




広告費をかければ掛けるほど、良いですが、

一方で、無駄にサンクスコストを含むこともあります。



宣伝広告の費用をかけ過ぎて、マーケティングをしていないか

見直しをして見ると良いです

広告費は、掛け過ぎても少な過ぎても良くないです。




人口の増加は、していないにもかかわらず

病院数は、増加していているために

広告費の投入額が、どうしても嵩み過ぎる傾向にあります。




本来の目的は、患者さんの治療になります。

広告費を多大にかけて、患者さんの来院を期待するより

患者さんのフォローを行うように願いたいです。






参照先

電通

https://www.dentsu.co.jp/knowledge/ad_cost/2018/business.html




Ginza@100(その他)



最新記事

すべて表示

コミットメントをする 患者さんの治療目的を明確にして QOLの改善を図り、不調の回復を行う。 患者さんと、スタッフが互いに目的を理解して お互いに、治療内容の共有を行う。

この様な中、わたくし達の整形外科クリニックで 出来ることを、力を合わせてみませんか。 これ以上、感染を増加させずにまた、感染患者さんを担う 医療従事者の負担を軽減するために 整形外科クリニックで、ワクチン接種を一緒に行いましょう。

ネットを使った集客、集患について実証しました。―患者様は、自身で情報を収集する人 ―自身で予約をする積極的な人 ―こまめに、院のサイトをチェックする人 ―予約したことを、必ず誰かに伝えていたこと、この様に必要があれば『自ら行動する人』でした。