top of page
  • 整形コンサルコム

広告費について


こんにちは、コンサルコムです


今回は、適切な広告費について述べます

ご参考にお役立てください。




皆さまのクリニックは、幾らくらい宣伝費用を

かけていますか。



その広告費用が多いか、少ないか

中々、検証しにくい点があります。


また、広告の効果が有るか、ないのか

適切に反映されているか分からない部分もあります。




経済学を用いて論証をしてみます



基本は、広告費をかければ、かけるほど売上は上がります。


それだけ、多くの患者さんの目に付きやすくなり

潜在的な記憶に残るからです。



医療や、健康ビジネスの場合は、年間売上の10%の広告費が

適切とされています。


従って、売上額の10%を目安に立てます。



例えば、売上が1万円の場合には

広告費、10%で、1000円です。




一番、良い方法は、費用を掛けないことです。



理由は 1 新たな費用が掛からないこと

    2 患者さんが増加すれば、それだけ生産性が

      上がります




―適切な広告費の算出方法


どの程度、広告をかけたら最適になのか、分岐点を下げて探します。



1000円以上を払うなら、費用をかけ過ぎになります     

1000円以下に収めて、1円なら最高の利益になります。



この場合に費用と、利益が等しくなるまで宣伝費用を減らして

広告費と、利益が一致すれば、最適になります。



利益を最大化にするため、いくらまで増やせば良いか


これが、適切な広告費のかけ方になります。




広告費をかければ掛けるほど、良いですが、

一方で、無駄にサンクスコストを含むこともあります。



宣伝広告の費用をかけ過ぎて、マーケティングをしていないか

見直しをして見ると良いです

広告費は、掛け過ぎても少な過ぎても良くないです。




人口の増加は、していないにもかかわらず

病院数は、増加していているために

広告費の投入額が、どうしても嵩み過ぎる傾向にあります。




本来の目的は、患者さんの治療になります。

広告費を多大にかけて、患者さんの来院を期待するより

患者さんのフォローを行うように願いたいです。






参照先

電通

https://www.dentsu.co.jp/knowledge/ad_cost/2018/business.html




Ginza@100(その他)



最新記事

すべて表示

ペインハスラーズ

表題のタイトルをクリニック戴くと内容に入ります。 痛みについて、製薬会社とクリニックを主体にした Pain Hustlersノンフィクション映画です。 株価上昇時の曲は、『Money is』です。 製薬会社のIPOと、B to Bの特殊なマーケティング手法です。

不変の医療  チャットGPT

チャットGPTについてです。ヘルスケア領域は、AIの活用は、ハイリスクになる分野として挙げられます。理由は、医学知識、分野に於いては、専門性の不足により信憑性について懐疑があります。従ってチャットGPTに検査データ等の指数の解析や、疾患の説明や、日常生活の指導について任せ

Case 9 次世代の保護

自分を主体ではなく、明日のために、例えば、次世代の面倒を見ることや助けることで、他人の幸福が、自分達の未来に繋がります。明日の未来を考えて『若い世代にどうぞ』と言える利他の精神があると逆境は乗り越えます。若い世代に良くすることで最終的に自分達の利益に繋がります。

Comentários


bottom of page