• 整形コンサルコム

外来日数 経営(1)

更新日:2020年9月18日

整形外科の診療所に於いて、月平均の営業日数をお伝えします。


通常、サラリーマンの場合、週休2日制でしたら

21日強になります。(祝日、盆休み、年末年始休を含む)


しかし、医療の外来系ですと、通院患者さんの利便性を図る

必要があります。

近年の日数を算出すると、月平均23日の稼働率になります。


この日数は、学会や、出張等により医師の都合で、

月に1回程度、休診日を入れています。


体力があれば、これ以上の外来数日数も可能です。

取り合えず、整形外科の分母のベースが決まります。



@mita26 (経営)


最新記事

すべて表示

これからの経営

皆さまの医療機関では、コロナ感染症による 制度融資を受けていますか。 主に、政府系融資と、民間の信用保証付き融資制度があります 例えば、銀行から融資を受ける際に 銀行が、単体で引き受けるのではなく 保証協会や、金融公庫などでリスクカバーをします これを制度融資と言います。

この先10年の医療

クリニックの外来は、コロナの感染を恐れて 患者さんは、かなり受診を控えました。 減少した患者さんの来院の回復を待つより、 新たな取り組みを行い この先、コロナと共に10年に立ち向かってください。 理由は、国内でコロナ感染症ワクチンの開発を 大学で行うことになりました。

Case 4 資金繰り (2)

こんにちは。コンサルコムです。 Case 4 資金繰りの続きです。 クリニックで、資金繰りが上手くいかなかった場合に 銀行との間で、いくつかの方法があります。早めにコンサルタントにご相談ください。 理由は、クリニックの中で悩まずに済みます。