top of page
  • 整形コンサルコム

外来日数 経営(1)

更新日:2020年9月19日

整形外科の診療所に於いて、月平均の営業日数をお伝えします。


通常、サラリーマンの場合、週休2日制でしたら

21日強になります。(祝日、盆休み、年末年始休を含む)


しかし、医療の外来系ですと、通院患者さんの利便性を図る

必要があります。

近年の日数を算出すると、月平均23日の稼働率になります。


この日数は、学会や、出張等により医師の都合で、

月に1回程度、休診日を入れています。


体力があれば、これ以上の外来数日数も可能です。

取り合えず、整形外科の分母のベースが決まります。



@mita26 (経営)


最新記事

すべて表示

 医師偏在 地域格差

タイトルをクリック戴くと表題に入ります。医師数の地域格差が、無床の診療所数が対象で、且つ、クリニックが集中する場所に審議会で、定義をされたことについてです。

Case 11 シンプルな開業

表題のタイトルをクリニック戴くと内容に入ります。 規模を小さくすることは、当然、収益性が高くなります。 テナント料、人件費、維持費のコストはかなり抑えられます。 また、小規模で維持、管理の負担は少なく 初診料がそのまま収益に反映して面積が狭いほど、高収益になります。

M & A 売却の方法

事業の継続を行うことで、社会的インフラを引き続き提供します。既存の患者さんは、安心します。更に評価額に、のれん代を上乗せします。法人の場合に債務は、買収先の引き受けになるため説明をしっかり行います。クリニックの経営体力がある時に、早めに相談すると、最終的に経営者保護をします。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page