• 整形コンサルコム

医療法人も視野に

更新日:2020年9月18日


開業後、医療法人にするか、個人経営にするか

選択肢が増えます。


理由は、個人経営だと累進課税により、住民税も合わせると

最高税率は、55%になります。


一方で、法人にした場合、会社と個人の所得や資産を分けます。

更に、課税税率が低下します。

その意外に、社会保険料の支払いが発生します。

また、一度、法人化した場合、簡単に離脱は難しくなります。



診療所件数   約10万件

医療法人   約4、2万件

個人診療所  約4、1万件

参考までに、法人と個人件数の大差はないです。



法人化をする場合に

理事を3名以上置き、理事のうち1名は医師で、

医療法人を構成します。

代表権があるのは、理事長のみです。

加えて、監事1名を置くこと。

事務は、煩雑な業務になります。



この様に、今後について勘案して

適切に塾考ください。



shirogane56 (経営)


最新記事

すべて表示

60歳を過ぎれば健康の不安が増加する年齢です。 就労の延長と自己負担の増加なら、どうしても通院の機会は 減少してしまいます。現状の維持に何がしらか、懸念をしている場合は 何かを見つけて、新たに導入をしてみてください。

コロナ感染症は、天災地変の要因の一つです 地代や家賃の減額交渉を、お願いをして見てください。支払いに充当する、家賃を見直すことで 月々の負担は軽減します。

徳とは 医療は、人を通じて行なう行為の一つです。徳を極めた人は、幸福になります 善の行いの中で、これを最高の幸福と言います。 困っている人を助けることを、徳と言います