• 整形コンサルコム

医療法人も視野に

最終更新: 2020年9月17日


開業後、医療法人にするか、個人経営にするか

選択肢が増えます。


理由は、個人経営だと累進課税により、住民税も合わせると

最高税率は、55%になります。


一方で、法人にした場合、会社と個人の所得や資産を分けます。

更に、課税税率が低下します。

その意外に、社会保険料の支払いが発生します。

また、一度、法人化した場合、簡単に離脱は難しくなります。



診療所件数   約10万件

医療法人   約4、2万件

個人診療所  約4、1万件

参考までに、法人と個人件数の大差はないです。



法人化をする場合に

理事を3名以上置き、理事のうち1名は医師で、

医療法人を構成します。

代表権があるのは、理事長のみです。

加えて、監事1名を置くこと。

事務は、煩雑な業務になります。



この様に、今後について勘案して

適切に塾考ください。



shirogane56 (経営)


最新記事

すべて表示

Case 3  情報開示 

クリニックの未来について如何、お考えでしょうか。 C先生から、開業した病院を売却したいとご相談を受けていました。 医院の買収案件に、整形外科クリニックC先生と供に同行を致しました。 買収先は、心療内科の開業の先生です。 今回、整形外科クリニックで閉院を決めた理由は、 コロナ

クリニックの明日

こんにちは。 クリニックの今後の展望について、如何な思慮をお持ちでしょうか。 結論、経営の切り替えが早く、早めに方向転換した方が リスクを軽減しています。 外来で 感染予防の徹底で、インフルエンザ患者の減少 コロナ感染懸念のため、来院患者の減少 主に2つの起因により、病院全体

ビル・ゲイツの名言

私は5年間急成長する企業には驚かないが、20年、30年にわたって継続的に優れた成果を出している企業には非常に興味がある。要は、永続性のメカニズムが埋め込まれているかどうかなのだ。コロナ感染症のリスク、社会的ボタティリティの高い中、先の見えない佳境です。 経営の励みに、ご参考に