• 整形コンサルコム

副次的効果

最終更新: 9月19日

本来の目的以外に効能がある薬品があります。

緑内障の点眼液が、まつ毛の増毛効果、腸内細菌のイフソラボンが、関節リウマチに、

また、精神薬が、腰痛の痛みに効果を表します。

体内で不足している部分を補う以外に、他の利点もあるようです。

研究開発の時点で、解明されていなかった事例でしょう。

@nago 5 (薬剤)

最新記事

すべて表示

MRさん (5)

MRさんとの面談で、口頭説明を全て、業務記録に記載すること。 日時、訪問先、医療機関名、医師名、使用した資材の記載をします。 資材の記載がない場合、やりとりを含めた具体的な内容の記録が必要です。 資材に記載されていない会話、医師からの問い合わせ、質問は、 特記事項に記載されるようです。 医師と製薬会社の担当者との間で、信頼関係の構築が重要になります。 @shirogane30  (医薬品メーカー)

電話番号

03-6869-3995

アクセス

〒104-0061

東京都中央区銀座6−13−16

銀座ウォールビルUCF 5階

© 2018

整形&外科コンサル.com