top of page
  • 整形コンサルコム

何とかPay

更新日:2020年9月18日

今月、患者さんから一番、問い合わせが

多くあった件です。


『何とかPayは使えますか。』


Payment は支払いのことです。


購入物品に際して、メリットは、

ポイントが加算される。

他、消費税還元の目的で使用します。


ちまたに、病院でカード払いは可能です。

キャッシュレス決済は、請求側に

手数料負担が発生します。



1958年 国民健康保健法の導入により

国民皆保健制度の制定で

「いつでも、どこでも、誰でも」

医療を受ける制度が確立しました。



保健医療機関は、キャッシュレスの

支払い対象外の事業です。


患者さんから、コンビニのように、

身近な存在で利用して戴けるのは

有難いことです。




@tameike 46(事務)


最新記事

すべて表示

春に行う

整形外科は、保険請求をしない医療費の一部が、発生します。 従って、その分は、患者さんに請求をします。医療保険の以外の費用分の見直しを図ることで、収益になります。 先生が、患者さんへ治療をするために生じた費用です。

マイナンバーの逸失利益

整形外科は、痛みの軽減のために、どうしても通院回数が増えます。 一方で、このマイナンバーの加算により、さらに患者負担が生じるために 患者さんは減少します。 患者さんに負担を強いることは、20円の収益よりリハビリ通院など 1人の患者さんの来院の機会を失うことの方が、大きいです。

Myナンバーの不思議

マイナンバー導入の主な目的 2022年9月の時点、49%と普及していない状況です このために、マイナンバーカードの普及をすことが目的です。 社会保障費で、医療費が上昇しています マイナンバーカードの施行で 医療費の抑制をして 医療費を削減する為に導入し ます。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page