top of page
  • 整形コンサルコム

亜鉛 オミクロンの前に

更新日:2021年12月30日


皆さま、こんにちは。



今回は、亜鉛についてお伝えします

自立神経は、ストレスが原因で、交感神経と副交換神経のバランスが

崩れてしまい起こる症状です



具体的な症状は、だるさ、不眠、疲労感、頭痛、息切れ、めまい、のぼせ

立ちくらみ、下痢、便秘、冷えなどです

また、精神的には、イライラ、不安感、うつなどの症状があります



一方で、コロナ感染症後の症状は、倦怠感、筋力の衰え、ブレインフォッグ、睡眠障害

脱毛、関節痛、動悸、味覚障害があります



通常、ウイルスは体内に入って、異物を攻撃しますが

今回のコロナウイルスは、自分のタンパク質を攻撃します。

これにより、ネットワークに異常をきたす結果になっています



倦怠感や、味覚、嗅覚異常は、他者から分かりにくい症状です

コロナ後遺症は、睡眠障害、記憶障害、集中力低下、極度の疲労など

本人しか分からない自律神経の症状が起きています



ともに自律神経の症状と、コロナ後遺症が同じです



亜鉛を自律神経に治療


急性咽頭炎は、風邪の病名のことです

上咽頭(のど)は、免疫システムを介入して、2次の疾患を引き起こして

さらに、自律神経に影響を与えやすいです

このため、亜鉛が、のどの治療に用いられることもあります




亜鉛の効果です



亜鉛は、健康を維持するために必要な成分で、全身の細胞内に存在しています

また、免疫システムに入った、細菌やウイルスを制御するために役立ちます

タンパク質や、DNAすべての細胞に、遺伝物質を合成するには、亜鉛が必要になります

人にとり、大きな役割を果たす栄養素です




亜鉛の含有量の多い食品


牡蠣、赤身の肉、カニ、ロブスター、魚介類、及びシリアル類、豆類、ナッツ

全粉穀類、乳製品などが多く含まれます

成人目安として、40mg必要です


ただ、過剰摂取の場合は、弊害もあります




コロナと自律神経の関連は、資料不足で不明です。

何がしらかで、亜鉛を取り入れて日常予防で過ごすのは、如何でしょう。



今回は、不思議な効能なのでご紹介しました。

自己責任で、ご拝読をお願いします。




参照引用

厚生労働省

https://www.ejim.ncgg.go.jp/public/overseas/c03/12.html


日本病巣疾患研究所


日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC211RI0R20C21A4000000/





Ginza@88(薬剤)



最新記事

すべて表示

薬価の見直し

クリニックの薬剤、医療材料の年間使用は多く、知らない間に仕入れのコストが増えます。 薬剤は、主に2年に1度は、改訂され薬価の引き下げがあります。 1 薬価改正後、差額を返金されていない 2 高い値段のまま、納入をしている  3 中小のクリニックで見直しをしていない

医薬分業

医薬品市場は、10兆円規模になります。参考までに、クリニックが使用する薬剤費は、2兆円規模です。 この点から、クリニックが、如何に薬剤が必要とする産業なのか分かります。しかしながら薬剤を病院の経営原資とするのではなく、医師の診療主体の方向性へ導き、老人の方へ過剰な投与を

時間の共有

院外処方薬局の場合、実際に自院の処方薬で、どの程度市場に流通をしているか処方が分散するために、把握が出来にくくなります。製薬会社の新製品の紹介や、季節性製品の紹介やプロモーションなどは、クリニックにとり有益な情報になります。院外処方でも、労を惜しまずに面談を行ってください

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page