• 整形コンサルコム

リーダーの育成


この数年、産業や文化構造が変化して、

例えば、EUの離脱、アメリカの国境封鎖など、

自国経済の優先が行われて、自国優位のブロック型経済に

移行をしています。



さらに、日々の情報のデートアップが盛んなになり、

情報に追われることが多くなりました。



一方で、感染症リスクのため、移動に伴う行動規制や

外出制限が行われた結果、

交流や活動する場は、小さなコミュニティに変容しました。




溢れる情報と、小さなコミュニティの中で、価値基準は何でしょう。

自己主張や、自己優先のタイプなどあり価値判断も様々です。



このため職場で多様性を重んじて、価値観の相違から、

混乱や、組織内の離脱など生じやすいです。




必要なことは、正しい情報を入手し判断をすることです。

このために、倫理の導入を行います。

倫理は、企業の活動、経済、社会、法学と

多岐に渡る根幹になります。




倫理感を養うことで、関係者に

最大多数の最大幸福をもたらし

人々の幸福を、最大効用に行えます。




人々が、正しい判断を行う機会が増えれば

今後に有益な組織に成長して、発展に繋がります。




具体的には、全員でビジネス倫理や、倫理の本から

内容について、ディベート行うと良いでしょう。



また、ナビゲーターが、纏める感じで

気軽に進行すると良いです。




リーダーは、どんな困難な時も

投げ出さずに、責任ある行動と立ち振る舞いをします。



従って、これから各組織部門、リーダーの育成する場合に

倫理を養うことを導入してみましょう。





参考引用


日本看護協会

https://www.nurse.or.jp/nursing/practice/rinri/text/basic/what_is/index.html


ベンサム

経済学とビジネス倫理

http://rci.nanzan-u.ac.jp/ISE/ja/publication/se21/21wagner-tsukamoto.pdf



Ginza@96(組織)

最新記事

すべて表示

このように成功や発展を収める場合に チームや組織の中に重要性があります。 組織は、変化を受け入れ方がリスクは少なくて 様々な形態のものや、組織は、時間と共に衰退して行きます。 理由は、業務のパターン化をしてしまうことで 現状維持の方向で、新たなことを受け入れずに

今回の感染症からの教訓で、わたしたちは 文化や、生活を守るうえで、お互いを尊重しあう社会を築くことで 次世代に向けて、克服することが可能になるのでしょう。 次の治療薬が一般的に開発、普及されるまで 人々は、感染症に対して危惧をするだけではなく どのようにすれば感染症を乗り越

我々の第一の責務は、我々の医療サービスを使用してくれる患者 医師、看護師、事務、アシスタントをはじめとする すべての顧客に対するものであると確信する。 今から約80年前に、経営理念を定義した内容です。