• 整形コンサルコム

ライフスタイル (2)

最終更新: 2020年9月17日

国連の人口統計によると、

日本は、100歳以上の人口が

増加して長寿国の傾向にあります。

すなわち、100年のライフスタイルを

築くことになります。



80歳まで、健康な日々を送るとした場合、

人生設計の見直しを図ることになります。


今までは、教育、仕事、引退の3つでしたが、

今後は、選択肢が増えて、

自分らしい人生を描けます。


現役で、70歳、80歳まで働くことになります。

この場合、2番目の仕事のステージを長くします。



人的ネットワーク、スキル、知識があれば、

所得の増加は、可能です。


一方、新しい知識、思考を取り入れた場合、

生涯に2つ、3つのキャリアを

持つことが可能になります。



80歳まで何年、ありますか。

どのように人生設計をするか、

ゆっくり考慮してください。




参考文献『ライフシフト』リンダ・グラットン 2016年 東洋経済新報社



@mita51 (ライフ その他)

最新記事

すべて表示

ビル・ゲイツの名言

私は5年間急成長する企業には驚かないが、20年、30年にわたって継続的に優れた成果を出している企業には非常に興味がある。要は、永続性のメカニズムが埋め込まれているかどうかなのだ。コロナ感染症のリスク、社会的ボタティリティの高い中、先の見えない佳境です。 経営の励みに、ご参考に

ポジティブ効果

イギリスの報告によると 新型のウイルスが、ワクチンで消える可能性は低く この先、何年もウイルスと共存することになると、 複数の専門家が、警鐘しています。 新型ウイルスが、存在している状況を、 日常として認識することになります。 毎日、感染予防を行い、マスク着用への生活に変容して