• 整形コンサルコム

ミーティングの導入例

更新日:2021年2月27日


コロナ感染症や対策に追われて、多忙な日々だと思います。

スタッフのモチベーションの低下や、ストレスに対応する

ミーティングの手法を、ご提案致します。



紙面に書き、感情を記すことで、前向きな気持ちになり

思考力をアップさせます。

特に医療の看護業務は、人のケアを行うため神経を使い、人的作業から

使命感と責務に於いて、不満、不安、疲労を持ちやすいです業務です。


この様な緊張を、感情を吐き出すことで、ストレスの軽減や、

思考回路を、明確にすることが出来ます。



メリット


物事を整理する。

問題点を解決する。

気持ちを整理する。

過度な言葉が不要になる。

的確な言葉に置き換れる。



ディテール


言葉の意味を、ある程度は理解している場合、あまり深く考えていない人。

言葉の意味を、正確に理解していない場合、会話内容にブレが生じる時。

結論に辿りつけない場合など。



準備の品

A4の紙

ボールペン

タイマー


手順

1 思い浮かんだことに、タイトルを左上付ける。

2 日付を右上に記入

3 タイトルの内容に関して、本文に4〜6桁程度、付け加える

4 1テーマ 60秒で記入する。


テーマ、内容は自由に決める。



成果

課題の整理が出来きて、問題点が分かる。

それゆえ、解決法が導けること。

質とスピードアップをして、考えを書くことで

どう動けば良いかを意志決定し、判断能力がアップすること。


イコール  仕事が出来る人になる。



メモを書くことで、頭の整理が出来て、順序の判断が、可能になります。


例え、業務が多忙でも、順序だてて行き、焦らないようになります。

ストレスや職場の関係で、悩んだ時に全部、

遠慮なくメモに書き記すことで、気分が落ち着きます。

かつ、ポジティブになり、自信を得ることで、成果に繋がります。



各自が、積極的に行動することで、組織は変わります。

マンネリ化した、ルーチンワークを脱却しましょう。



サンプル


タイトル  どんな指導を受けたいか

日付     2021/02/27


— 課題を明確にして欲しい


— 具体的な指導をして欲しい


— フィードバックし、明確にして欲しい


— 良い、悪い、をはっきり伝えて欲しい


— やる気を持たせて欲しい




引用文献 『ゼロ秒思考』2020年 赤羽雄二 ダイヤモンド社







@Shirogane 72 (組織)


最新記事

すべて表示

このように成功や発展を収める場合に チームや組織の中に重要性があります。 組織は、変化を受け入れ方がリスクは少なくて 様々な形態のものや、組織は、時間と共に衰退して行きます。 理由は、業務のパターン化をしてしまうことで 現状維持の方向で、新たなことを受け入れずに

必要なことは、正しい情報を入手し判断をすることです。 このために、倫理の導入を行います。 倫理は、企業の活動、経済、社会、法学と 多岐に渡る根幹になります。 倫理感を養うことで、関係者に 最大多数の最大幸福をもたらし 人々の幸福を、最大効用に行えます。

今回の感染症からの教訓で、わたしたちは 文化や、生活を守るうえで、お互いを尊重しあう社会を築くことで 次世代に向けて、克服することが可能になるのでしょう。 次の治療薬が一般的に開発、普及されるまで 人々は、感染症に対して危惧をするだけではなく どのようにすれば感染症を乗り越