top of page
  • 整形コンサルコム

ホウレンソウ

更新日:2020年9月18日


ビジネスの職場で、報告、連絡 相談を

業務伝達のために使用する略語です。


医療現場は、ビジネス感覚と違い、

知られていないようです。



報告は、指示をした業務について、結果を知らせます。

例えば、患者さんで、他にも体調不調等がある場合。


連絡は、内容を組織の全体で共有します。

診療所では、部署の引き継ぎ事項や、

新しい業務内容の導入のことなど。


相談は、自分で判断に困ることや、

自身の考えに対して、上司に意見や指示を仰ぎます。

スタッフで、判断が難しい事項や

今後の起こりうる事象について、

事前に相談すること。



報告、連絡、相談が的確に行えれば、

医療トラブルや、業務ミスも防げます。



一番、痛感するのは、相談が

出来ない場合が多いです。

何事も相談すれば、問題解決の方法は

見出せます。



共有の連絡事項ノートで、誰でも

組織内で、分かるようにすると、

引き継ぎミスは軽減されます。



shirogane58(組織)


最新記事

すべて表示

成果への導き

スタッフの指導を行うことで、自分の時間を費やすことなく本業の診療に集中が可能になります。 スタッフの仕事に対しての意見、長所を活かした配属を行い自主性を育てる組織にすることで、有能な組織へと導きます。スタッフからの意見で、対処法、最善の答えは、先生が自ら考えや方針を伝えます

ティーブレイク 

手短にあるコンビニカフェを活用して スタッフの生産性向上、集中力の持続と、スタッフの仲間意識と 連帯感が生まれます。 福利厚生は、難しく考えずスタッフが喜ぶ身近なことで十分効果を得れます。

組織の介入

事業の成長を阻害する要因が、何某らか有ります。 これをマーベリックと言います。 問題の中には、人的な要因により、成長を妨げることがあります。従ってイエスマンが、幹部になると弊害になります。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page