top of page
  • 整形コンサルコム

ピンチはチャンス


コロナワクチンの供給により接種が始まりました。

需要のある所に、必要とされるニーズがあります。

接種対応について、ご参考ください。



概略


新型コロナウイルスに『mRNAワクチン』を投与して

抗原タンパク質を取り入れ、体内に抗体が作られます。



ワクチンは  生食で4倍に希釈する

冷蔵にして希釈後、6時間内に使用する

注射器は、空気を入れてワクチン内の瓶圧を抜く


V-SYSで   予約人数分のワクチンを、予め発注をする

接種当日、患者さんの接種券を読み取る

       月初めに、国保連合会へ請求をする




✔︎効率的な接種方法


体制

外来クリニックで、6名体制が取れれば可能です。

2名のナースで、注射液の準備をします。


場所、時間

物寮室を、接種会場として空間利用をします。

通常の外来診療と時間を分けて、一定の接種時間帯を作ります。


手順

患者さんを6名ずつのグループで、グループごとに接種時間をずらします。

医師や、スタッフが各患者さんを廻り、問診や注射を行います。

患者さんが、都度、移動することがないため接種時間が省かれます。

そのため、短時間に接種することが可能です。




この方法で行う場合、2時間程度で、50名弱の接種が可能になります。

コロナワクチン接種を対応するクリニックが

少ないため積極的にチャンスにしてください。




✔︎メリット



2回目の予約も可能なこと

保険料の未払いが発生しないこと

医療請求の点検が不要なこと

クリニックに納入コストが掛からないこと


区、市町村の広報やホームページで

受け入れ可能な医院の情報を開示するため、広告や告知が不要なこと

クリニックの認知度が上がること




✔︎留意点


優先順位を厳守して段階ごとに分けること


1  75歳以上の高齢者の方 

2  65歳以上の高齢者の方

3  基礎疾患のある方

4  高齢施設従事者の方

5  保育士、教員等の方

6  60才〜64才の方



急なキャンセルの場合は、上記の項目に該当せず

ワクチンを無駄のないように、接種が出来ます。



説明会や配布書類は、一見、難解です。

ルールを厳守すれば、クリニックで対応が可能です。



人々窮地を救う担い手として、チャンスを活かしてください。





引用先

厚生労働省

供給について


優先順位


https://www.fnn.jp/articles/-/174665







@Azabu79(医療)

最新記事

すべて表示

救命とファーストエイド

バイスタンダードとは居合わせた人が、119番通報とAEDの確保を依頼する指示を行います。救急の現場に居合わせた時は、ためらわず、勇気を持って実施します。バイスタンダーの行動は善意で対処をした行為に対しては、責任は問われないと考えられ、傷病者の生命が善意に託されています。

インシデントの予防

インシデントの発生は、勤務年数が、1年未満が3割を占めます。インシデントが起こる時間は、午前は、10時〜11時頃か、夕方4時頃です。ミスを防ぐには、ダブルチェックを行います。名前と顔を連動させます。困った時に、誰に指示を仰げば良いかを決めておきます。院内のレベルを上げます。

患者さん対応

人は、誰も他者に認められたいです。患者さんと接する際、相手の状況を話題にして、聞く側に立ち 思いやりのある言葉をかけます。 これは、相手の尊厳を大事にして、患者さんから好印象を与えます。 患者さんとの向き合い方を工夫してみます。

bottom of page