• 整形コンサルコム

ビル・ゲイツの名言

更新日:3月17日


私は5年間急成長する企業には驚かないが、20年、30年にわたって継続的に優れた成果を出している企業には非常に興味がある。要は、永続性のメカニズムが埋め込まれているかどうかなのだ。



コロナ感染症のリスク、社会的なボラティリティの高い中、先の見えない佳境の状況です。

経営の励みに、ご参考までに。





引用先

https://iyashitour.com/archives/27027





@shirogane 73 (その他)


最新記事

すべて表示

これからの経営

皆さまの医療機関では、コロナ感染症による 制度融資を受けていますか。 主に、政府系融資と、民間の信用保証付き融資制度があります 例えば、銀行から融資を受ける際に 銀行が、単体で引き受けるのではなく 保証協会や、金融公庫などでリスクカバーをします これを制度融資と言います。

コロナ外来から一考

、リスクの多い感染症は、実際に医療現場の負担が大きいです。 コロナ感染症の軽度の患者を外来受け入れるために また、医師が、通常の診療と違い、人命の判断や労力を多く費やすために 外来の診療加算が、不可避です。

この先10年の医療

クリニックの外来は、コロナの感染を恐れて 患者さんは、かなり受診を控えました。 減少した患者さんの来院の回復を待つより、 新たな取り組みを行い この先、コロナと共に10年に立ち向かってください。 理由は、国内でコロナ感染症ワクチンの開発を 大学で行うことになりました。