• 整形コンサルコム

ビタミンD


こんにちは、コンサルコムです

今回は、ビタミンDの効能についてお伝えします。



検査の結果で、骨密度が低い時は

骨の密度を強化するために、ビタミンDが処方されます。




―免疫力

通常、人は、日光に当たることで、皮膚から吸収して

ビタミンDを形成します

ビタミンDは、ホルモンの役割をします

カルシウムの吸収を助けて、免疫力の強化を行います。




―ビタミンDの働き

ビタミンDは、カルシウムと関連して、骨の代謝により変わります

骨の量、骨密度が、歳月と伴に変化するのは、このためです

骨粗鬆症の治療薬に使われます。



体内では、細菌やウイルスの撃退をします

従って、免疫機能を高める作用があります。



医薬品のビタミンDは、一度、不活性型として

体内に取り入れ、腸を通じて吸収を促し

活性型として働き、効果を表します。




―ビタミンDの不足

ビタミンDが不足した場合は

首の痛みや、筋力の低下を引き起こします

そして骨粗鬆症や、くる病を引き起す原因になります。




―女性のリスク

加えて、加齢に伴い、女性はエストロゲンが減少すると

骨がもろくなりやすくなります

エストロゲンは、女性ホルモンの1つです。



骨がスカスカになる、骨粗鬆症を引き起す原因になります

日常生活で骨折しやすい、転倒しやすいなどリスク要因になります。




これは、骨密度の減少から起こる骨粗鬆症と言います

この様に、整形外科は、骨の治療を行なうためにビタミンDを取り入れます。




―カルシウムと併用

ビタミンDは、カルシウムの吸収を良くする働きがあり

骨を作るうえで、同時に摂取をして骨を強くします

骨の密度を維持して、質を保つためには、ビタミンDが必要です。




―シナジー効果

コロナウイルスの予防として、免疫を高めるために

ビタミンDの摂取で、重症化のリスクが軽減されます。



日光浴で、皮膚からビタミンDを形成することで

風邪の予防に繋がります。


院内のスタッフも日に当たり、明るい職場にしましょう。







参照引用

厚生労働省 eJIM

https://www.ejim.ncgg.go.jp/public/overseas/c03/10.html


分子生理化学研究所

https://www.mpc-lab.com/blog/20200501


ホルモンケア

http://hormonecare-pj.net/study/change


Forbes

https://forbesjapan.com/articles/detail/45705





ビタミンD Bー201

Ginza@ 111 (医薬品)



最新記事

すべて表示

さらに、整形外科で鎮痛剤を使用する際には 1日3回だと分かりやすく、 痛み止めと胃薬と同等の数量になります

クリニックで、パップ剤を使用する時は 各社の製品を集めて、体中に貼布して、 一度、体感をして見ると それぞれの製品の差異や特徴が、微妙に体感出来ます。 整形外科クリニックで、皆さんの合うタイプを 探して見てください。

―類似効果 更年期以降の女性に多い、指の痛みや、関節の腫れや 変形の改善が、イフソラボンで行えます。