• 整形コンサルコム

コロナ外来から一考


こんにちは

コンサルコムです。


クリニックで、ワクチン接種前と後の変化についてお伝えします。



―ワクチン接種前までの外来


来院する患者さんに、全て体温を図り、風邪症状がないかを確認をして

受診をする他の健康な患者さんへ、迷惑をかけないように

加えてマスクの着用と、除菌の協力を願いました。



もし、来院した患者さんが、発熱や風邪症状でコロナ感染症の疑いがあれば

直接に保健所へ連絡を願いました。




本来、病気の中で、病院に受診して熱があれば通常通りに行う診察が

思うように出来ないことに疑問を生じ、葛藤でした。




万が一、院内でコロナ感染症が発症した場合には

スタッフに感染リスクが伴い、医療従事者の家族に感染の懸念から迷惑をかけます

医療現場で、感染理由からスタッフの離脱も危惧します。



クリニック内で、コロナ感染症を発症した患者さんの受診になると

すぐに風評被害を受けます

この影響を受けて患者さんが、減少になります。



最悪は、クリニック内で、コロナ感染症が発症すれば

2週間程度の休診を余儀なくされます。




このため、事業継続の面から、リスクを避けざるを得ない事態でした

加えて、防護服の着用や、来院患者さんごとに、除菌や換気を行い

必然と時間と労力を取られる作業が、増加しました。



更に、コロナに関連する資料、事務作業で通常の書類も追いつかないほど

医師もスタッフも労力を要しました。




―ワクチン接種後の対応


例えば、コロナのワクチン接種の場合です



国、県、市など行政も保健所も同様に古今奮闘で

連携を図り都度、対応します。



ワクチン接種は、会場準備、予約、注文、問診、接種、接種後観察、請求業務と

多岐に渡り、更に、診療時間を奪われます

残念なことに、こちらは請求単価が安く、労の多い作業内容です。




このように、コロナのワクチン接種前と後を比較すると

クリニックでコロナ感染症を受け入れるには、リスクがあり

加えて、医療の現場は、コロナ関連の単価の安さが問題になります。



人々の人命を支えるのが、医療です

クリニックで、医師や限られた人数で対応するには、診療部門に対しての手厚さが必要です。



理由は、民間で後方支援がないためです

クリニックは、風評等に持ちこたえるほど、全般に余力がなく

リスクから患者減少のダメージを受けると致命的に至ります。




今回のような、リスクの多い感染症は、実際に医療現場の負担が大きいです。

コロナ感染症の軽度の患者を外来受け入れるために

また、医師が、通常の診療と違い、人命の判断や労力を多く費やすために

外来の診療加算が、不可避です。



初診、再診とは別に、コロナの外来診療加算を付け

コロナ指定病院以外の外来クリニックで出来るように必要です。




加えて、歴史上の感染症に対して、感染症に対する偏見を誰もが除排して

クリニックの活用により、人々が、感染症を受け入れて住み良くすることです。





参照引用

事務加算 外来診療等、及び在宅医療における評価

https://www.mhlw.go.jp/content/000746419.pdf





Ginza@85(外部環境)

最新記事

すべて表示

ビル・ゲイツの名言

私は5年間急成長する企業には驚かないが、20年、30年にわたって継続的に優れた成果を出している企業には非常に興味がある。要は、永続性のメカニズムが埋め込まれているかどうかなのだ。コロナ感染症のリスク、社会的ボタティリティの高い中、先の見えない佳境です。 経営の励みに、ご参考に

ポジティブ効果

イギリスの報告によると 新型のウイルスが、ワクチンで消える可能性は低く この先、何年もウイルスと共存することになると、 複数の専門家が、警鐘しています。 新型ウイルスが、存在している状況を、 日常として認識することになります。 毎日、感染予防を行い、マスク着用への生活に変容して