top of page
  • 整形コンサルコム

インセンティブの決め方

更新日:2020年9月18日

皆様方のクリニックでは、どの様に

インセンティブ(賞与)を決めてますか。


例えば、賞与を1ヶ月、2ヶ月と

ベース支給されますか。

この決め方について1つ、提案致します。


医療関係者あれば、半期ごとに

定額が支給されるという

いつも通りの認識があります。



この認識を捨て、成果型の評価を導入します。

予め、事前に評価基準の内容を

スタッフに告知します。


その貢献度に対して、達成度合で評価をし

インセンティブを支給します。


全体の支給額は、毎年ほぼ、一定範囲内で

充分です。

その、配分内容を変えるだけです。



この時期になると、急に慌しく自分の貢献度を

アピールするスタッフもいます。


時に、達成度が高く、予想より高い評価の

スタッフは、インセンティブ額の支給を見て、

思わず、涙することもあります。



何を評価基準にするか、明確にすると良いです。

また、就業規則の見直しもお願いします。


定額制から、個人成果型にすると

力量を発揮してくれます。




@takanawa 40(マネジメント)

最新記事

すべて表示

M & A 売却の方法

事業の継続を行うことで、社会的インフラを引き続き提供します。既存の患者さんは、安心します。更に評価額に、のれん代を上乗せします。法人の場合に債務は、買収先の引き受けになるため説明をしっかり行います。クリニックの経営体力がある時に、早めに相談すると、最終的に経営者保護をします。

小さな政府 診療報酬改正

この過去2年間の診療所の収益性の高さと、剰余金を持ち積み重ねのために 診療所の単価の引き下げが必要になること。コロナ関連の収益は、個人に帰属しない非営利でなければならないとのことです。借入額が多くても単年で黒字になり、医師は、返済義務もあります。

患者さんへ価値提供

マーケティングへ依存。目先の競争を優位にする為に、マーケティングに注力をしてコストをかけます。マーケティング効果により、クリニックの心象を良くすることになります。外部的な面をカバーしても、一時的な対応になります。 長期的な観点から、本質の見直しを図り変えない

bottom of page