• 整形コンサルコム

インセンティブの決め方

最終更新: 2020年9月17日

皆様方のクリニックでは、どの様に

インセンティブ(賞与)を決めてますか。


例えば、賞与を1ヶ月、2ヶ月と

ベース支給されますか。

この決め方について1つ、提案致します。


医療関係者あれば、半期ごとに

定額が支給されるという

いつも通りの認識があります。



この認識を捨て、成果型の評価を導入します。

予め、事前に評価基準の内容を

スタッフに告知します。


その貢献度に対して、達成度合で評価をし

インセンティブを支給します。


全体の支給額は、毎年ほぼ、一定範囲内で

充分です。

その、配分内容を変えるだけです。



この時期になると、急に慌しく自分の貢献度を

アピールするスタッフもいます。


時に、達成度が高く、予想より高い評価の

スタッフは、インセンティブ額の支給を見て、

思わず、涙することもあります。



何を評価基準にするか、明確にすると良いです。

また、就業規則の見直しもお願いします。


定額制から、個人成果型にすると

力量を発揮してくれます。




@takanawa 40(マネジメント)

最新記事

すべて表示

Case 3  情報開示 

クリニックの未来について如何、お考えでしょうか。 C先生から、開業した病院を売却したいとご相談を受けていました。 医院の買収案件に、整形外科クリニックC先生と供に同行を致しました。 買収先は、心療内科の開業の先生です。 今回、整形外科クリニックで閉院を決めた理由は、 コロナ

クリニックの明日

こんにちは。 クリニックの今後の展望について、如何な思慮をお持ちでしょうか。 結論、経営の切り替えが早く、早めに方向転換した方が リスクを軽減しています。 外来で 感染予防の徹底で、インフルエンザ患者の減少 コロナ感染懸念のため、来院患者の減少 主に2つの起因により、病院全体

ビル・ゲイツの名言

私は5年間急成長する企業には驚かないが、20年、30年にわたって継続的に優れた成果を出している企業には非常に興味がある。要は、永続性のメカニズムが埋め込まれているかどうかなのだ。コロナ感染症のリスク、社会的ボタティリティの高い中、先の見えない佳境です。 経営の励みに、ご参考に