top of page
  • 整形コンサルコム

イノベーション

更新日:2020年9月18日


アスタリストって、ご存知ですか。

化粧品のことです。


整形外科で、画像診断の検査の際にレントゲンを使用します。

1936年 富士フィルムは、X線フィルムの販売をしました。

1970年〜90年代にかけて、画像診断は、急速に進化し普及して

現在は、MRI 、CTの導入に至りました。



そのため、ビジネスを転換して、

2006年、写真フィルムに使うコラーゲンと、

ナノテクノロジーの科学技術を取り入れて、

更に、写真の色あせを防ぐために抗酸化技術を

取り入れ化粧品のヘルスケアへ、参入しました。

人々へ予防、診断、治療領域のへルスケアに転化しました。



画像診断の技術から、スピンアウトして

スキンケアの新領域へのイノベーションを行いました。



整形の身近にあるレントゲンのイノベーション例です。

イノベーションしていますか。



引用先 ttps://www.fujifilm.co.jp/corporate/



@shirogane 62(メーカー)

最新記事

すべて表示

これからの日本の話をしよう

タイトルをクリック戴くと表題に入ります。医療収入は、国と自治体の財政に7割を請求しています。社会保障費の支払いが増加して、不均衡な状態にあります。国の財政状況は、赤字のマイナス6、4%、国債比率 257%です。財政の健全化のために社会保障費を抑制する方向になります。

2025問題

タイトルをクリック戴くと表題に入ります。2025年は、現役世代は、1、9人で1人の高齢者を支えることになります。従って、社会保障制度が、機能しなくなる懸念があります。社会保障を持続するために、負担を次世代に先送りせずに社会保障制度の見直しを図ります。

小さなコミュニティ

SNSの運用についてです。SNSは、圧倒的多数の人に利用され閲覧されている情報ツールです。 時間の制約を受けずに、手間を割くことも少ないため 上手に活用することで、地域の中で認知を受けやすいです。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page