top of page
  • 整形コンサルコム

イドメシンコーワクリーム、ゾル

更新日:2022年9月12日


整形外科クリニックで扱う外用の塗り薬の
製品の一つです。
クリニックで使う薬剤の場合は、
患者さんからの反応があります。
院で、扱う外用薬の一つです。
あくまでも、参考までにお願いします。
通常、パップ剤が多く処方されます。
場合によって、炎症のある場所に、
パップ型の四角い面積を取らずに
液状のため、形状がなくて使用されます。
関節や肘など、日常生活で動かすために、
可動や、収縮する場所に使用が可能です。
また、シップを貼った違和感がないです。
イドメシンコーワクリームは、チューブの形をしていて
淡色系の滑らかなクリーム状です。
患部に1日、数回塗り込みます。
イドメシンコーワコーワゾルは、
持ちやすいハンディタイプの
小型のローションで無色の液状です。
共に匂いは、ないです。
肩や、膝、筋肉痛に使用されます。
面白いのは、テニス肘の痛みに使われます。
成分は、インドメタシンが入っていて
シップと、同じ効能になります。
パップ剤の成分を持ち、収縮する部分の痛みのカバーが可能です。
消炎の効果で痛みを和らげますが、根本の痛みを取り除く
作用なないです。
イドメシンコーワクリーム、ゾルとも
消炎の効果があり、整形外科クリニックで
扱いやすい製品の一つです。
メーカー
興和株式会社
A−102
Ginza @ 104  (医薬品)


最新記事

すべて表示

薬価の見直し

クリニックの薬剤、医療材料の年間使用は多く、知らない間に仕入れのコストが増えます。 薬剤は、主に2年に1度は、改訂され薬価の引き下げがあります。 1 薬価改正後、差額を返金されていない 2 高い値段のまま、納入をしている  3 中小のクリニックで見直しをしていない

医薬分業

医薬品市場は、10兆円規模になります。参考までに、クリニックが使用する薬剤費は、2兆円規模です。 この点から、クリニックが、如何に薬剤が必要とする産業なのか分かります。しかしながら薬剤を病院の経営原資とするのではなく、医師の診療主体の方向性へ導き、老人の方へ過剰な投与を

時間の共有

院外処方薬局の場合、実際に自院の処方薬で、どの程度市場に流通をしているか処方が分散するために、把握が出来にくくなります。製薬会社の新製品の紹介や、季節性製品の紹介やプロモーションなどは、クリニックにとり有益な情報になります。院外処方でも、労を惜しまずに面談を行ってください

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page