top of page
  • 整形コンサルコム

これからの経営


こんにちは

コンサルコムです。


皆さまの医療機関では、コロナ感染症による

制度融資を受けていますか。



主に、政府系融資と、民間の信用保証付き融資制度があります


例えば、銀行から融資を受ける際に

銀行が、単体で引き受けるのではなく

保証協会や、金融公庫などでリスクカバーをします

これを制度融資と言います。




A 制度融資


コロナ感染症による制度融資は、猶予期間が設定されていて

数年間は、利息のみの支払いです

ですから、融資を受けても負担が軽減されます。



一方で、数年後に元金の返済を行います

この返済部分にあたるキャッシュが、手元に残っているかどうかです。




B クリニック


コロナ感染症の影響により、来院患者さんが減少しました

そのため、社会保証制度のセーフティネットで

返済期間の猶予が設定されました。




間もなく、返済猶予の期間が終わりに近づきます

患者数が、コロナ感染症の以前ように医療収入が回復していれば

返済が行えるので心配は不要です。



一方、返済する場合は、手持ちの余裕がないと苦労をします

好成長して盛業クリニックな場合、銀行から再度の支援を受けます

今後、更に追加を希望する場合は、新たに追加融資は厳しくなります。




このために、手元のキャッシュを増やすために

医療収入を増やすように取り組んでください。




理由

1 今後の社会情勢は変わらず、感染症は暫く終息しないこと


2 コロナ感染症の拡大の影響から

患者さんは、早々に戻らないこと


3 日常生活で外出の機会が激減して、突発的な事象

ケガ、外傷など起こりにくいこと



日常生活が思うように図れない中で、患者さんが

自由に来院する機会が減少したことが理由です。




コロナ感染症により免除されたのは、支払い期間です

返済は、クリニックに大きな負担になります。



返済の猶予期間が、比較的に短期間の2、3年で設定されていて

終息の見通しの立たない中で、返済時期は到来します。

据え置き期間が短いため、早めに対処を行い

負担を軽減することです。




診療報酬から、返済のメドを立てて、キャッシュ余剰を作れるように

診療に取り組んでみてください。





参考引用

経済産業省

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf




Ginza@86(経営)

最新記事

すべて表示

対面診療とオンライン診療は、ほぼ同等な対価で人的な手間暇が避けます。 具体的には、受付で患者さん対面や、看護師の介助などの対応に大幅な 時間と労力が削減されます。オンライン診療が主体になれば多大な場所を設けずに最小限で、機能的でシンプルな病院スタイルに移行するでしょう。

60歳を過ぎれば健康の不安が増加する年齢です。 就労の延長と自己負担の増加なら、どうしても通院の機会は 減少してしまいます。現状の維持に何がしらか、懸念をしている場合は 何かを見つけて、新たに導入をしてみてください。

コロナ感染症は、天災地変の要因の一つです 地代や家賃の減額交渉を、お願いをして見てください。支払いに充当する、家賃を見直すことで 月々の負担は軽減します。

bottom of page