• 整形コンサルコム

この先10年の医療


こんにちは

コンサルコムです。


コロナ感染症までは、クリニックで面談や、勉強会、学会など

行われていました。


今は、対面や、イベントの機会も減り

交流の少ない、単調な日常に変容しました。



今後の対応について、参考までに提案をします。


例えば、

日常生活の中で、食品や、日用品、衛生用品など身の回りの

消費財が好況です。


一方で、観光やレジャーがなどは、以前のように

盛業な産業にならないない生活になりました。



この、以前のような生活に戻らないことで、今の生活様式が

普通の日常になりつつあります。



クリニックの外来は、コロナの感染を恐れて

患者さんは、かなり受診を控えました。



減少した患者さんの来院の回復を待つより、

新たな取り組みを行い

この先、コロナと共に10年に立ち向かってください。



理由は、国内でコロナ感染症ワクチンの開発を

大学で行うことになりました。

今後、10年に渡り研究支援の方針が出ました。



このように、コロナが長期的に渡り日常生活に

影響及ぼすと捉えられているからです。




簡単な検討方法をお伝えします。


クリニック外来は、主に診療部門とリハビリ部門になります。


分野ごとに

金のなる木 / キャッシュを生む部門

問題児   / 改善部門



どちらの部門になるか、判断します

キャッシュを生む / このままで様子を見ます

改善部門     /  新たな資金を投入します



また、ある得意分野や専門分野がある場合は

利益が出ていれば低くても構いません。



減少した患者さんの影響により、クリニックの回復を目指すために

何がしらかの手段が必要になります。




自院の強みは、何か

収益の高い部門を知り、不要な部門を見つけてください

収益性の高い部門を考慮して

環境の変化に対応が出来るよう願います。



長年の固定概念から、脱却して新たなスタイルで

今後に希望を持って向けて取り組んでみてください。






参考引用

文科省

https://www.mext.go.jp/content/20200929-mxt_kouhou01-000010168_1.pdf


NHK

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210821/k10013215071000.html


PPM

日本マーケティングリサーチ

https://jmro.co.jp/amr00017/


.jstage

https://www.jstage.jst.go.jp/article/abjaba/87/0/87_F51-1/_pdf/-char/ja






Ginza@84(経営)

最新記事

すべて表示

これからの経営

皆さまの医療機関では、コロナ感染症による 制度融資を受けていますか。 主に、政府系融資と、民間の信用保証付き融資制度があります 例えば、銀行から融資を受ける際に 銀行が、単体で引き受けるのではなく 保証協会や、金融公庫などでリスクカバーをします これを制度融資と言います。

Case 4 資金繰り (2)

こんにちは。コンサルコムです。 Case 4 資金繰りの続きです。 クリニックで、資金繰りが上手くいかなかった場合に 銀行との間で、いくつかの方法があります。早めにコンサルタントにご相談ください。 理由は、クリニックの中で悩まずに済みます。

Case 4 資金繰り (1)

今回は、資金繰りの悪化したクリニックのケース事例です 開業の先生方に、ご参考になれば幸いです。 資金繰りという、言葉を聞かれたことは、ありますか 資金繰りとは、主に金融の用語の一つです 日常に医療や、経理関係で使う機会は少ない言葉です。